メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

弥生賞 2021【馬券予想の袋とじ】コソッと役立つ馬券情報をお教えします。

3月7日(日)中山競馬場で【弥生賞】が行われます。

過去にも多くのクラシックホースを輩出している、関係者も注目する重賞レース。今年も皐月賞を狙う馬達がスタンバイしており「どの馬が勝つのか?」「どんなレースになるのか」チェックしておきたいところ。

そんな【弥生賞】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。

時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
弥生賞
2021
中山11R2000m

~枠順確定版~





1 1 ゴールデンシロップ 北村 宏司
2 2 ダノンザキッド 川田 将雅
3 3 テンバガー M.デムーロ
4 4 タイトルホルダー 横山 武史
5 5 ホウオウサンデー 岩田 康誠
6 6 ワンデイモア 田辺 裕信
7 7 タイムトゥヘヴン 三浦 皇成
8 ソーヴァリアント 大野 拓弥
8 9 タイセイドリーマー 石橋 脩
10 シュネルマイスター C.ルメール

[弥生賞]
注目の社台
グループ関連馬

ー3月6日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

3月に入り、いよいよクラシックへ向けたトライアルが本格化します。日曜日には皐月賞へ向けた弥生賞ディープインパクト記念が行われますが、今年はディープインパクト産駒のエントリーはありません。10頭立てでグループ関連馬が6頭出走してきましたが、注目は何といっても無敗でホープフルSを制したダノンザキッド。近年主流の直行ではなくトライアルからの始動となりますが、本番へ向けてどんなレースをするか注目です。

社台グループ関連馬

シュネルマイスター

馬主:サンデーR
生産:ノーザンF


皐月賞トライアルにルメール騎手が騎乗するのは、外国産馬のシュネルマイスターです。

3歳時に英サセックス賞と仏ジャックルマロワ賞の両古馬マイルGⅠに連勝するなどGⅠ4勝のキングマンと独オークス馬セリエンホルデの間に誕生した同馬は、サンデーRの1歳募集で125万円×40口の総額5000万円で値付けでした。

ノーザンF早来で育成され、2歳5月に美浦トレセンへ入厩。ゲート試験合格後は再放牧となり、札幌最終週の1500m戦でデビュー。1番人気に応え新馬勝ちを決めます。

2歳秋は11月半ばに放牧から帰厩し、ルメール騎手との新コンビで中山の自己条件・ひいらぎ賞へ向かいます。1.9倍の1番人気に支持され、2着に3馬身差をつける快勝でした。

前走後は弥生賞トライアルを目指し、ノーザンF天栄へ放牧。ここ目標で2月10日に帰厩しています。2ハロンの延長となる今回はこの馬の今後を左右しそうな重要な一戦となりそうですが、センスの高さから対応して何ら不思議でありません。

ソーヴァリアント

馬主:社台RH
生産:社台F


初勝利までにデビューから4戦を要したソーヴァリアントがクラシックへの権利取りへエントリーしてきました。

2008年の桜花賞3着馬である母ソーマジックに父オルフェーヴルの血統馬。ちなみに母の産駒は全7勝のソーグリッタリング、今年の愛知杯勝ちのマジックキャッスルを含め、これまでデビューした全6頭が勝ち上がっています。

社台Fで育成され、2歳8月に美浦トレセンへ入厩。秋の東京開幕週の2000m新馬戦でデビューし、メンバー最速の上がり3ハロンをマークするも3着。その後は中3週の未勝利戦へ向かい1位入線を果たしますが、レース後禁止薬物が検出され失格となります。

放牧を挟み1月の中山2200m戦で復帰しますが、ゲートで後手となりクビ差の2着。それでも不良馬場となった中1週の同距離で1馬身3/4差をつけ初勝利を挙げました。

この中間は山元トレセンへの短期放牧を挟み、トライアルへエントリー。これまで4戦コンビを組んできた戸崎騎手が海外遠征帰国からの隔離期間にあるため今回は大野騎手への乗り替わりとなりますが、色々と経験値がある同馬なら問題は無さそうです。

[弥生賞]
重賞調教
ウォッチャー

ー3月5日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ダノンザキッド
(牡3、栗東・安田隆厩舎)

栗東CW(不良)
6F 84.2-67.6-53.0-38.9-11.7秒

栗東情報スペシャリスト
高 島

2歳GⅠホープフルSを制したダノンザキッド。近年はトライアルを使わずに本番へと直行するケースも多いですが、この馬に関しては王道とも言える弥生賞からのローテーションで挑むことになりました。

陣営が「本質的には叩き良化型」と語るように使って良くなるタイプではあるものの、今季緒戦とはいえ緩みなく仕上げられてきており、中間もウッドで入念に乗り込みを積んできました。

先週、そして今週と終いの伸びも秀逸で、元々攻め動くタイプとは言っても調教の動きは抜群。2歳王者らしい走りに期待できそうな好仕上がりと言って良いでしょう。

≪美浦・好調教馬≫
ワンデイモア
(牡3、美浦・国枝厩舎)

美浦坂路(良)
5F 66.4-51.8-38.2-13.0秒

美浦情報スペシャリスト
神 谷

前走で弥生賞と同じ中山芝2000mの1勝クラス戦を勝利したワンデイモア。人気薄での勝利でしたが勝ち時計はホープフルSを上回っており、2000mの持ち時計で見てもメンバー中No.1。派手な勝ち方をするタイプではありませんが、世間の評価以上に実力を秘めている可能性は高そうです。

大型馬らしく緩さを残す面がありましたが、この中間は調教でも楽にタイムを出せるようになってきており、一戦ごとに成長。調子も右肩上がりに上昇している印象で、重賞のココでも好勝負に期待できるのではないでしょうか。




弥生賞



(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

[弥生賞]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー3月4日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

今週は伝統の皐月賞トライアル、弥生賞ディープインパクト記念が行われます。

東京スポーツ杯2歳S2着タイトルホルダー(馬主:山田弘)。ルメール騎手が騎乗を予定している2戦2勝の素質馬シュネルマイスター(馬主:サンデーR)。弥生賞と同舞台の京成杯2着タイムトゥヘヴン(馬主:DMMドリームクラブ)などが注目を集めそうです。


注目すべき馬主とは?

しかし、今年の主役は文句なく、G1ホープフルS勝ち馬ダノンザキッド(馬主:ダノックス)でしょう。

サイト内のコンテンツでは折に触れて紹介しているように、ダノックス(代表:野田順弘オーナー)には『前哨戦のダノン』という不名誉な称号があります。

特にG2競走では2018年に弥生賞を制したダノンプレミアムなど、過去3年で10勝。1~5番人気に支持された馬に限定すると、[10-0-0-4]勝率71.4%という驚異的な成績をマークしているのをご存知でしょうか?

競走馬は毎回レースで同じ能力を発揮できるとは限らず、G1にピークを持っていくためG2を“叩き台”と割り切る陣営も少なくありません。

しかし、ダノン軍団に限っては「前哨戦=余裕残し」という安易な認識は的外れ。今回のダノンザキッドも中間に好時計を連発するなど状態面に不安は感じられず、馬主の傾向に従えば無視はできません。

[弥生賞]
3つの
好走ポイント
ー3月3日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.上がり最速馬が7年連続連対中
2.重賞組、OP特別なら若駒S組
3.ノーザンF生産馬+α


★好走ポイント【1】
上がり最速馬が7年連続連対中

上がり3F1位 [3-4-0-4]
連対率63.6% 複勝率63.6%

上がり3F1位馬の成績が良いレースで、14年以降は7年連続で上がり3F1位馬が連対中です(17年は上がり3F1位馬が2頭)。

やはり、前走時も速い上がりを使っていた馬の成績が良く、前走上がり3F1位馬は[6-3-2-20]。そのうち、当日1~2番人気だった馬に限ると[5-2-1-3]で連対率63.6%の高確率になります。


★好走ポイント【2】
重賞組、OP特別なら若駒S組

新馬 [0-1-0-6]
連対率14.3% 複勝率14.3%
未勝利 [0-0-0-9]
連対率0.0% 複勝率0.0%
1勝クラス [2-2-0-31]
連対率11.4% 複勝率11.4%
OP特別 [2-1-0-7]
連対率30.0% 複勝率30.0%
重賞 [6-6-10-30]
連対率23.1% 複勝率42.3%

前走クラス別成績を見てみると、前走の格が高ければ高いほど好走率が高くなるという傾向。前走G1組は[2-3-6-5]で連対率31.3%、複勝率68.8%となっています。

なお、オープン特別は若駒S組が[2-1-0-2]で、それ以外は[0-0-0-5]。1戦1勝で連対したのは19年シュヴァルツリーゼで、当時は雨の重馬場という特殊な状況でした。


★好走ポイント【3】
ノーザンF生産馬+α

ディープインパクト産駒が[6-1-2-13]、16年マカヒキから昨年のサトノフラッグまで目下5連勝中。今年はディープ産駒が不在となりますが、ディープ産駒が強い=ノーザンファーム生産馬が強いということでもあります。

ノーザンファーム生産馬は[5-6-3-16]で、連対率36.7%、複勝率46.7%。

→当日1~2番人気だった馬に限ると[4-3-1-3]で連対率63.6%、複勝率72.7%

→前走から同じ騎手の継続騎乗だと[2-4-2-5]で連対率46.2%、複勝率61.5%

それぞれ加点材料となります。

好走注目馬はこの馬
【★★★】
・ダノンザキッド

【★】
・シュネルマイスター
・タイセイドリーマー
・タイトルホルダー
・タイムトゥヘヴン
・テンバガー


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[弥生賞]
データで紐解く
レース傾向

ー2月28日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

牡馬クラシック第一弾・皐月賞の前哨戦となる[弥生賞]。

コース・距離も同条件となり本番前の重要なトライアルレースで過去の勝ち馬は名馬揃いですね。3冠馬ディープインパクトを筆頭にクラシック路線での活躍馬や古馬になってもGⅠ戦線で中心になっていた馬が多く出世レースでもあります。

そんな弥生賞を『過去10年のデータ』で、馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連1万0420円
3連複1万4450円
3連単13万0700円


馬連3桁配当は4度あり充当な決着も多いですが、馬連万馬券も2度あり大波乱になるケースも少なくありません。3連単では10万馬券を超える特大馬券が3度、3連単最高配当は46万1810円が出ています。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【4.2.0.4】
2人気【3.1.2.4】
3人気【0.1.2.7】


1.2人気で7勝しており、上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは2度あります。人気薄で連対したのは19年メイショウテンゲン(8人気①着)、17年マイスタイル(8人気②着)、13年ミヤジタイガ(10人気②着)、12年コスモオオゾラ(9人気①着)がおりヒモ荒れ傾向のレースですね。

【過去10年・主なステップレース別の成績】では

朝日杯FS【2.2.3.2】
若駒S【2.1.0.2】
1勝クラス【2.2.0.30】
きさらぎ賞【1.0.1.4】
共同通信杯【1.0.0.4】
東スポ杯2歳S【1.1.0・1】
京都2歳S【1.0.0・1】
ラジオNIKKEI賞【0.2.0・5】
ホープフルS【0.1.3・8】


ステップレース別の成績では朝日杯FS・若駒S・1勝クラスがそれぞれ2勝を挙げています。中でも朝日杯FS組みは9頭が出走し7頭が馬券圏内に入っています。

今年はどんな馬が出走するのか?

2/28時点での特別登録を見ますと

無敗の3連勝で暮れのホープフルS(G1)を制したダノンザキッドが登場。この馬が皐月賞へ向けどんな走りを見せるのか?

そして、東京スポーツ杯2歳S②着馬タイトルホルダー、京成杯②③着馬タイムトゥヘヴン、テンバガー、2勝馬シュネルマイスター、レインフロムヘヴン、ワンデイモアといった

「ここで結果を出して皐月賞への切符を掴みたい」馬達もスタンバイ。

そんなレースもより的中に近づくために、データだけでなく『好走ポイント』『馬主情報』『調教情報』『社台情報』なども、週末にかけて公開していくので、お時間のある時にチェックして下さいね。

情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ