メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

ユニコーンステークス2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

昨年の勝ち馬カフェファラオは
21年フェブラリーSを制して
GIホースの仲間入りを果たした!

6月20日(日)東京競馬場で、3歳限定のダート重賞【ユニコーンステークス・G3】が行われます。

このページ内では、そんな【ユニコーンステークス・G3】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。 時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
ユニコーンS
2021
東京11Rダ1600m

~枠順確定版~





1 1 ゲンパチフォルツァ 木幡 巧也
2 スマッシャー 坂井 瑠星
2 3 ティアップリオン 内田 博幸
4 ラペルーズ C.ルメール
3 5 イグナイター 武藤 雅
6 クリーンスレイト 田辺 裕信
4 7 ケイアイロベージ 三浦 皇成
8 サンライズウルス 藤井 勘一郎
5 9 ブラックアーメット 津村 明秀
10 プロバーティオ M.デムーロ
6 11 ヴィゴーレ 丸山 元気
12 ローウェル 団野 大成
7 13 ピンクカメハメハ 北村 宏司
14 カレンロマチェンコ 松若 風馬
8 15 サヴァ 石川 裕紀人
16 ルーチェドーロ 戸崎 圭太

[ユニコーンS]
注目の社台
グループ関連馬

ー6月19日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

毎年恒例となっている宝塚記念前の中休み。今週は東でユニコーンS、西ではマーメイドSが行われます。谷間の重賞で前者はダート戦、後者はハンデ戦とあって決して本気度マックスで獲りにくるレースではありませんが、牧場サイドにとっては今後の路線をしっかり見極めるために、レースの質そのものを観察する必要があります。特にユニコーンSはダートのスターホースが多く登場しているだけに、グループ唯一の参戦馬がどれだけやれるのかという点にも注目です。

社台グループ関連馬

ローウェル

馬主:シルクR
生産:白老F



社台グループ生産馬で唯一の出走となるのがローウェルです。

半兄にNHKマイルC勝ち馬のラウダシオンがいる本馬は父がキズナに替わり、兄と同じくシルクホースクラブで総額3000万円で募集されました。

ノーザンF空港で育成され、昨年12月の阪神芝1600m戦でデビューを迎え、血統から1番人気に推されるものの、人気を大きく裏切って11着と大敗。2戦目でダートに矛先を向けると、スタートから軽快なスピードを披露して2着に2馬身半をつけアッサリと初勝利を挙げました。

その後は3着を挟み、前走で1勝クラスも2戦で難なくクリア。ダートでは3戦して底を見せておらず、今回はマイル戦への距離延長が課題にはなりますが注目したいですね。

[ユニコーンステークス]
重賞調教
ウォッチャー

ー6月18日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ケイアイロベージ
(セ3、栗東・野中厩舎)

栗東坂路(重)
4F 53.6-38.8-24.8-12.4 強め

栗東情報スペシャリスト
高 島

連勝を決めて早々にこの舞台を目標に調整。5/27にフォレストヒルより入厩して坂路とCWをバランス良く乗り込んできました。

入厩してすぐに併せ馬を行っているように1戦必勝の構えであることは間違いありません。

先週のCWでは80秒を切る好時計を刻んで順調具合をアピール。今週はラストで気合を入れる程度でしたが、集中力も高くまさに万全と言える状態ではないでしょうか。

これまでコンビを組んだ北村友騎手が怪我のため、今回は三浦騎手と臨みますが、「乗り味の良い馬なので、大丈夫だと思うよ」と関係者も期待している様子。どのような走りを見せてくれるか注目です。

≪美浦・好調教馬≫
ルーチェドーロ
(牡3、美浦・高橋裕厩舎)

W(稍)
5F 69.2-53.2-38.3-11.9 [3]一杯

美浦情報スペシャリスト
神 谷

前走の端午Sでは7番人気の低評価を覆して快勝。関係者が「ようやくこの馬の力を発揮できた」と話していたように、地力ではこのメンバーでも見劣りはしないはず。

この中間は強めに負荷がかけられており、さらにもう一段回パワーアップした印象を受けます。

最終追い切りではラスト1ハロン11.9秒を叩き出しており、末脚のキレ味も鋭さが増しております。

デビュー戦でレコードを叩き出しているように、スピードの高さは一級品。あとは1600mの距離をどう攻略するかだけが焦点と言えるでしょう。


ユニコーンS



(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

[ユニコーンステークス]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー6月17日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

今週は3歳限定のダート重賞、ユニコーンSが行われます。

2015年ノンコノユメ、16年ゴールドドリーム、17年サンライズノヴァ、18年ルヴァンスレーヴ、19年ワイドファラオ、20年カフェファラオと、6年連続で勝ち馬が後に中央地方のG1を制している出世レースです。

しかし、今年は有力ステップレースのヒヤシンスSを快勝したラペルーズ(馬主:多田信尊)が、前哨戦の青竜Sで11着。

昨年暮れの交流G1全日本2歳優駿3着ルーチェドーロ(馬主:ディアレストクラブ)も出走しますが、一般的には“絶対的な有力馬不在”の混戦模様と雰囲気に。


注目すべき馬主とは?

そんな中で、馬主情報的に注目しているのが、東京ご当地馬主、(株)ケイアイスタリオンの勝負馬ケイアイロベージです。

ケイアイスタリオンは啓愛義肢材料販売所という法人名義で活動していた、亀田和弘オーナーの親族名義。現在は牡馬にケイアイ、牝馬にクインズと冠名を使い分けています。

2018年の武蔵野Sではクインズサターンが単勝34倍の低評価を覆し、7番人気で2着に好走。翌19年の根岸Sでも5番人気で3着と、オーナー地元開催の東京替わりで激走しました。

ケイアイロベージはクインズサターンの5つ下の半弟で、今年1月のデビューから3戦2勝。未勝利、1勝クラスを後続に決定的な差をつけて勝ち上がるなど、現在連勝中と勢いがあります。

今回は初の東京コースとなるも、コース適性は血統面から証明済。重賞のメンバー相手でも注目したいですね。

[ユニコーンステークス]
3つの
好走ポイント
ー6月16日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.距離短縮組が優勢
2.勝ち馬は3番人気以内
3.栗東所属騎手が好成績


★好走ポイント【1】
距離短縮組が優勢

距離延長 [1-2-2-39]
連対率6.8% 複勝率11.4%
同距離 [4-4-5-46]
連対率13.6% 複勝率22.0%
距離短縮 [5-4-4-40]
連対率17.0% 複勝率24.5%

前走距離別成績を見ると、距離短縮組が優勢。芝とダートの違いはありますが、東京芝1600mでも「距離短縮組が強い」「スタミナが求められる」と言われるように、直線が長くタフなコースということでしょう。

距離短縮組で馬券になっているのは全て前走3番人気以内[5-4-3-16]、連対率32.1%。前走4番人気以下は[0-0-0-22]と好走例がありません(13年3着ケイアイレオーネは前走UAEダービー)。


★好走ポイント【2】
勝ち馬は3番人気以内

レース当日3番人気以内の馬が[10-7-4-9]と、勝ち馬の全て、馬券対象馬の約3分の2を占めており、過去10年で3番人気以内の馬によるワンツーフィニッシュが7回ありました。

過去10年で3連単が万馬券にならなかったことは16年の1回のみ、1000倍を超えたことが2回あるようにそこまで堅いレースではないですが、穴から穴を狙うのはあまり現実的ではないと言えるでしょう。


★好走ポイント【3】
栗東所属騎手が好成績

美浦 [3-3-4-88]
連対率6.1% 複勝率10.2%
栗東 [6-7-5-35]
連対率24.5% 複勝率34.0%
外国 [1-0-2-2]
連対率20.0% 複勝率60.0%

騎手の所属別成績を見てみると、美浦所属に比べて栗東所属が非常に好成績。

年によって番組に違いはありますが、同日の函館、阪神で行われるレースよりも優先して東京で騎乗する=勝負度合いの高さの表れということでしょう。

栗東所属騎手で、レース当日3番人気以内は[6-6-1-3]、連対率75.0%と非常に信頼度が高くなります。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・ラペルーズ

【★】
・ケイアイロベージ
・ゲンパチフォルツァ
・ルーチェドーロ


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[ユニコーンステークス]
データで紐解く
レース傾向

ー6月13日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

3歳限定ダート重賞[ユニコーンステークス]。

過去の勝ち馬ではカネヒキリ(GⅠ・6勝)、アグネスデジタル(GⅠ・6勝)、タイキシャトル(GⅠ・5勝)、ユートピア(GⅠ・3勝)、ウイングアロー(GⅠ・2勝)など芝のGⅠでも活躍した名馬がいますね。近年ではゴールドドリーム(GⅠ・3勝)、ノンコノユメ(GⅠ・2勝)、ベストウォーリア(GⅠ・2勝)などのGⅠ馬を輩出(地方交流含む)。昨年の覇者カフェファラオは21年フェブラリーSでGⅠ制覇、一昨年の覇者ワイドファラオは地方交流GⅠ(Jpn)を勝ち、18年の覇者ルヴァンスレーヴも地方交流GⅠ(Jpn)を含むGⅠ3勝の成績を残しています。

そんなユニコーンステークスを『過去10年のデータ』で、馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連  2770円
3連複  9920円
3連単5万1510円


馬連最高配当は9180円、3連単10万馬券以上は2度、3連単最高配当は22万0770円。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【3.3.0.4】
2人気【3.2.1.4】
3人気【4.2.3.1】


1番人気で優勝したのはカフェファラオ、ルヴァンスレーヴ、ストローハットの3頭。ほか優勝馬は全て上位人気馬から。ただ、この時期の3歳馬同士のレースだけに、直近の成績などから能力以上に評価され過剰人気した馬が敗れるシーンもあります。

ちなみに過去10年の優勝馬で、前2走勝ち星がなかったのはサンライズノヴァとレッドアルヴィスの2頭のみ。所属厩舎では栗東6勝、美浦4勝と関西馬がやや優勢。

【過去10年の枠番別の成績(3着以内)】では

1枠【1.1.0】
2枠【1.1.2】
3枠【0.1.3】
4枠【2.1.0】
5枠【1.2.0】
6枠【3.0.2】
7枠【1.2.2】
8枠【1.2.1】


枠番別の成績では内枠(1~3枠)が2勝2着3回、中枠(4~6枠)は6勝2着3回、外枠(7.8枠)は2勝2着4回。中枠(4~6枠)が9頭の連対馬を出しており好走が目立ちますね。

情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ