メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

七夕賞2022【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!



≪今週の重賞情報袋とじ≫
七夕賞
2022
福島11R芝2000m





1 1 シークレットラン 柴田 善臣
2 ロザムール 丸田 恭介
2 3 ヒュミドール M.デムーロ
4 エヴァーガーデン 松岡 正海
3 5 マウントゴールド 永野 猛蔵
6 ヒートオンビート 池添 謙一
4 7 レッドジェネシス 三浦 皇成
8 フォルコメン 石橋 脩
5 9 ショウナンバルディ 菅原 明良
10 ヤマニンデンファレ 江田 照男
6 11 アンティシペイト 武藤 雅
12 モズナガレボシ 戸崎 圭太
7 13 プリマヴィスタ 内田 博幸
14 トーラスジェミニ 原 優介
8 15 ヴァンケドミンゴ 津村 明秀
16 エヒト 田中 勝春

[七夕賞]
注目の社台
グループ関連馬

ー7月9日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

夏のローカル開催2週目。今週は福島で名物ハンデ重賞の七夕賞、小倉ではダートのプロキオンSが行われますが、社台グループとしての関心は、週明けに開催されるセレクトセールに移っているのかもしれません。

今年で25回目を迎える同セールは、日本でのセリ市の在り方を一変させたとともに、現在のグループの地位を確立するキッカケとなりました。グループとしていい流れでセールを向けるためにも、セール前後はグループ関連馬の走りに注目です。

社台グループ関連馬

ヒートオンビート

馬主:社台RH
生産:社台F


桜花賞馬マルセリーナの2番仔として誕生。叔父グランデッツアは重賞3勝で、2015年のこのレース勝ち馬です。母と同じ社台RHの所属馬として社台Fで育成されました。

今年は中山金杯で1番人気に支持され3着。春は日経賞で勝ち馬から0秒1差の3着、天皇賞では4着とあと一歩のレースが続いています。

前走後は宝塚記念目標で調整されますが、フルゲート18頭のところ出走馬決定順19番目で除外。今回は2週スライドしての七夕賞出走。戦ってきた相手を踏まえると57キロのトップハンデは致し方ないところ。「距離適性は広いタイプなので距離は問題なし」という話からも、ここは重賞初制覇のチャンスと関係者も見ているようですね。

アンティシペイト

馬主:G1レーシング
生産:追分F


ルーラシップ産駒で母の半妹には米G1・CCAオークス勝ち馬のワンダーレディアンエルがおり、追分Fリリーバレーで育成されました。

デビュー当時から「母は短距離馬だったけど、この馬は中距離以上向きの体をしている」と言われていたとおり、2000m以上の距離で安定した走りを見せ昨夏にオープン入り。

そこから重賞3戦では結果でませんでしたが、ブリンカーを着用して挑んだ前走の福島民報杯では、マクっていく強引な競馬で2着馬に5馬身差をつけて快勝しました。

この中間は山元トレセンへ放牧に出され、このレースを目標に6月7日に帰厩。そこからも順調そのもので、今回もこの馬の能力を発揮できる競馬になれば、重賞であってもこのメンバーなら十分通用するとみています。

[七夕賞]
重賞調教
ウォッチャー

ー7月8日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ヴァンケドミンゴ
(牡6、栗東・藤岡厩舎)

栗東坂路(稍)
4F 52.3-37.8-24.3-12.3秒

栗東情報スペシャリスト
高 島

これまで挙げた4勝はすべて福島で挙げているように得意としている舞台での重賞。悲願達成へ厩舎サイドも力が入っていることでしょう。

前走の小倉(2/6 関門橋S)では4着。続戦も検討されていましたが、状態面を考慮してか一旦放牧へ出ることに。今回はそれ以来のレースとなりますが、6月に入厩して坂路を中心に乗り込んで来ました。

先週、今週と一杯に追われてどちらも52秒台を記録。ラスト1ハロンも12秒台前半を記録するなど好内容の調教が目立っていました。陣営としても勝負の舞台と見ているだけ、仕上がりは上々でしょう。

≪美浦・好調教馬≫
ヒュミドール
(セ6、美浦・小手川厩舎)

美浦W(稍)
5F 72.1-55.9-40.2-11.7秒

美浦情報スペシャリスト
神 谷

前走の大阪杯はさすがに家賃が高かった印象ですが、福島記念や小倉記念で2着の実績があり、G3クラスであれば十分に通用する素材。

この中間は6月頭からじっくりと乗り込みを開始して、プール調教を織り交ぜながら体を作ってきました。

日曜にしっかり追って、水曜は馬なりで調整してきましたが、先週のウッドコースでは馬なりながら65.8-11.6秒と好時計を記録。併せ馬も行って負荷も十分、今週はしっかりと先着を果たしており、レースへ向けて順調に調整が進んでいるようです。久々のレースでも力が出せる状態にあるでしょう。

[七夕賞]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー7月7日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

来週にはセレクトセールが行われるということもあり、馬主情報部としてはある意味で書き入れ時。

普段はあまり目にしないような情報もお届け出来るかと思いますので、今週以降も楽しみにして頂ければと思います。


注目すべき馬主とは?

そんな中で、馬主情報的に注目しているのが、七夕賞に出走する加藤裕司オーナーの所有馬プリマヴィスタです。

加藤氏は福島馬主協会の所属。地元開催の重賞というだけで力の入り具合が見て取れますが、この馬にとってココが「この夏最大の目標」と言えるのではないでしょうか。

2走前の中京では8番人気の低評価ながら2200mを2分9秒のレコードを叩き出しての勝利。それまでの伸び悩む走りが嘘のような快勝劇でした。

そのため前走の目黒記念では13番人気という評価でしたがスローペースを中団から運び、決して得意ではない上がり勝負でもジリジリと末脚を伸ばして勝ち馬と0.3秒差。8着ではありましたが、見た目ほど悪く内容だったと言えるでしょう。

中距離が専門ということを考えても前走の2500mはこの馬にとって厳しい距離。2000mで行われる七夕賞は条件的にも絶好で、それがオーナーの地元ともなれば勝負の舞台には申し分ないはずです。

福島馬主協会は各馬主協会の中でも会員数が少ないですが、その分横のつながりが強いことでも知られています。他の会員にとっても地元馬主の活躍を願っているはず。

夏の風物詩とも言える重賞のひとつを地元馬主協会のオーナーが勝利するということは願ってもないこと。どんな走りを見せてくれるか楽しみな1頭ですね。

[七夕賞]
3つの
好走ポイント
ー7月6日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.斤量が重い方が好成績
2.安定感なら4歳馬
3.自ら動ける機動力に注目


★好走ポイント【1】
斤量が重い方が好成績

-51.0kg [0-0-1-7]
連対率0.0% 複勝率12.5%
51.5-53.0kg [0-1-3-22]
連対率3.8% 複勝率15.4%
53.5-55.0kg [2-4-5-45]
連対率10.7% 複勝率19.6%
55.5-57.0kg [7-3-0-41]
連対率19.6% 複勝率19.6%
57.5-59.0kg [1-2-1-7]
連対率27.3% 複勝率36.4%

ハンデ戦ということもあり斤量別成績を見てみると、キレイにハンデが重い方が好走率が高くなる傾向。ハンデが重い=能力が高いと考えていいでしょう。

最も成績が良いのは57kg[6-2-0-16]で、連対率33.3%。

斤量増 [4-5-1-15]
連対率36.0% 複勝率40.0%
増減なし [3-3-1-49]
連対率10.7% 複勝率12.5%
斤量減 [3-2-8-58]
連対率7.0% 複勝率18.3%

また、前走からの増減別で成績を見てみると、前走から斤量が増えている馬が圧倒的。

一般的に、斤量が軽い馬を評価しがちですが、このレースに関しては逆の考えで臨んだ方が良いでしょう。


★好走ポイント【2】
安定感なら4歳馬

4歳 [2-2-1-11]
連対率25.0% 複勝率31.3%
5歳 [4-3-3-34]
連対率15.9% 複勝率22.7%
6歳 [3-4-5-37]
連対率14.3% 複勝率24.5%
7歳以上 [1-1-1-40]
連対率4.7% 複勝率7.0%

年齢別成績を見てみると、4歳~6歳が中心で、率で見ると4歳馬が優秀。これは、能力に対してハンデが軽くなりやすいからだと考えられます。

★好走ポイント【1】と合わせて考えると、4歳馬でハンデ上位の馬は好走率が高くなるはず。今年は該当馬がいませんが、4歳馬+57.0kgは[2-1-0-2]。4歳馬の連対馬4頭のうち3頭を占めています。


★好走ポイント【3】
自ら動ける機動力に注目

逃げ馬が[1-1-1-7]に対して、4角先頭馬が[2-2-1-5]。単純に前が有利ということもあるでしょうし、道中、勝負どころで動いて行ける機動力があるタイプが強いレースということも言えると思います。

4角の位置取りが7番手以下だった馬は[0-4-4-74]と勝ち切れておらず、これも機動力が重要であることを示す数字と言えます。

なお、前走時にマクッていた馬は[0-1-1-1]。馬券対象外だった1頭も13年4着マックスドリームであと一歩でした。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・アンティシペイト
・フォルコメン
・レッドジェネシス

【★】
・ショウナンバルディ
・トーラスジェミニ
・ヒートオンビート
・マウントゴールド
・ヤマニンデンファレ


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[七夕賞]
ピックアップ
人気必至の有力馬

ー7月3日(日)更新ー



【ヒートオンビート】
(美浦:友道康夫厩舎)
前走⇒天皇賞・春4着

父キングカメハメハ、母マルセリーナの良血馬。重賞勝利はまだないが、昨年は目黒記念とチャレンジCで2着。今年に入ってからも中山金杯3着→日経賞3着→天皇賞・春4着と安定感のある競馬を続けている。

元々は宝塚記念への出走を考えていたが、補欠1番手のまま繰り上がらず除外。2週スライドして七夕賞に向かう形となった。ちなみに、同じく宝塚記念を除外されたサンレイポケットは函館記念に向かうと発表されている。

宝塚記念に向けてしっかり調整していたので、除外後は「状態を維持させることに主眼を置いている」とのこと。陣営は厳しい暑さを心配していたが、今のところは夏バテの兆候などは出ていないようだ。最終追い切りの動きや直前の雰囲気には注意したい。


【アンティシペイト】
(美浦:国枝栄厩舎)
前走⇒福島民報杯1着

春の福島開催で行われた福島民報杯を5馬身差で圧勝。オープン入り後はしばらく苦戦が続いていたが、再ブリンカーと久々の2000mで強い姿を取り戻した。その後は山元トレセンへの放牧を挟み、余計なレースは使わず七夕賞への直行を決定。同じコースでの連勝、そして初重賞制覇を狙っている。

帰厩は6月7日で、そこからの調整は順調。2週前追い切りは僚馬を追走する形で動きが鈍かったが、1週前追い切りはアンティシペイトが先行する形に切り替えて好時計をマーク。厩舎サイドは「やはりこの馬は自分が前にいる形の方が動ける」とコメント。前走同様レースでもブリンカーを着用する予定で、早め抜け出しからの押し切りを狙う形になりそうだ。

アンティシペイトを管理する国枝栄厩舎は2日の函館10Rでクライミングリリーが勝ち、史上15人目、現役では唯一の通算1000勝を達成した(2月に引退した藤沢和雄師は1570勝)。引退まであと数年に迫っているが、アンティシペイトも国枝厩舎のラストスパートを支える1頭となれるだろうか。


【ショウナンバルディ】
(栗東:松下武士厩舎)
前走⇒鳴尾記念7着

昨年の七夕賞は9番人気3着。その後、中日新聞杯を勝って重賞ウィナーとなっている。今年は4戦して一度も掲示板に載れていないが、人気薄での激走が強みというタイプだけに見限りは早計だろう。鳴尾記念から七夕賞というローテーションも去年と同じだ。

ここ2戦で騎乗していた坂井瑠星騎手は欧州に遠征中で、中日新聞杯を勝たせた岩田康誠騎手は北海道で騎乗。そのため今回は石川裕紀人騎手との初コンビを結成する予定となっている。石川騎手は重賞を5勝しているが、2017年7月にラジオNIKKEI賞を、2019年8月に札幌2歳Sを、2021年7月にアイビスSDを勝っており、若手らしく夏競馬には強い。

この中間は鳴尾記念から中4週となるので坂路中心の調整だが、1週前の坂路ではラスト1ハロンを12秒3でまとめてこの馬としては好時計をマーク。昨年の七夕賞でも好走しているだけあって、暑さによる体調ダウンは見られない。トーラスジェミニらとともに展開のカギも握りそうだ。


情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ