メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

セントライト記念2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

9月20日(月祝)中山競馬場では、定番の菊花賞トライアル重賞【セントライト記念・G2】が行われます。

このレースは毎年「菊花賞へ向けてひと叩き」という馬もいれば、「何としても菊花賞への切符を獲りたい」「ここで勝ち負けしなければ菊花賞などと言っていられない」など陣営の思惑は様々。

そんな【セントライト記念・G2】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。

時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
セントライト記念
2021
中山11R芝2200m

~枠順確定版~





1 1 ベルウッドエオ 吉田 豊
2 2 アサマノイタズラ 田辺 裕信
3 3 ヴィクティファルス 池添 謙一
4 タイムトゥヘヴン 柴田 善臣
4 5 ノースブリッジ 岩田 康誠
6 レインフロムヘヴン 石橋 脩
5 7 タイトルホルダー 横山 武史
8 レッドヴェロシティ M.デムーロ
6 9 カレンルシェルブル 横山 和生
10 オーソクレース C.ルメール
7 11 ルペルカーリア 福永 祐一
12 ソーヴァリアント 戸崎 圭太
8 13 グラティアス 松山 弘平
14 ワールドリバイバル 津村 明秀

[セントライト記念]
注目の社台
グループ関連馬

ー9月18日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

社台グループ関連馬が、重賞レース3鞍の上位を独占した秋競馬開幕週に続いて、2週目となる今週は日曜日に秋華賞トライアルのローズS、祝日の月曜日には菊花賞トライアルのセントライト記念が行われます。

直行や別路線から本番へ向かう馬も少なくなく、どちらもトライアルらしいレースになりそうです。ここで権利を得なければならない馬と、叩き台の馬。あるいは相手関係の楽なここで勝っておきたい馬など、各陣営の思惑にも注意です。

社台グループ関連馬

オーソクレース

馬主:キャロットF
生産:ノーザンF


菊花賞トライアル・セントライト記念にはグループから8頭がエントリーしていますが、中でもグループ関係者も注目しているのが、昨年末のGIホープフルS2着以来となるオーソクレースでしょう。

エリザベス女王杯と宝塚記念に勝利した母マリアライトの初仔で父はエピファネイア。おじにジャパンダートダービー馬クリソライト、ダートGⅠ4勝のクリソベリル、近親にはジャパンCダート馬アロンダイトや重賞2勝のダンビュライトなどがいます。

ルメール騎手とのコンビで昨夏の札幌1800m新馬戦でデビューすると、1番人気に応えて快勝。秋の東京・アイビーSで賞金を加算し、暮れのホープフルSでは勝ったダノンザキッドから1馬身3/4差の2着でした。

今春は皐月賞直行の予定でしたが、右後脚を骨折して回避。休養に入り、8月19日に美浦トレセンへ帰厩しています。本当に良くなるのは母同様古馬になってからかもしれませんが、ルメール騎手を確保しただけに無様な競馬はできません。血統的にも先々のことも含め、復帰初戦となるここでどんな走りをするのか注目したいですね。

ルペルカーリア

馬主:キャロットF
生産:ノーザンF


先週の重賞3鞍に7頭を送り込み2勝2着2回と、存在感を示したキャロットF。先に取り上げたオーソクレース(キャロットF)と、同クラブ馬のルペルカーリアの走りにも注目したいですね。

秋競馬に突入し、すでにノーザンF系の使い分けは始まっており、この先も皐月賞馬エフフォーリアは、早々に秋の天皇賞へ直行を表明。ダービー馬シャフリヤールは来週の神戸新聞杯に出走を予定していますが、秋初戦を叩いた後は現時点で決まっておらず、菊花賞を使わずに天皇賞orジャパンCに向かう線も残っているようです。

となれば、シーザリオの産駒で半兄が菊花賞馬のエピファネイアということもあり、今後も中長距離で活躍が見込まれるルペルカーリアは、権利取りだけでなく、内容も問われる一戦といえます。

[セントライト記念]
重賞調教
ウォッチャー

ー9月17日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ワールドリバイバル
(牡3、栗東・牧田厩舎)

栗東CW(良)
6F 81.1-65.0-51.0-37.3-12.1秒

栗東情報スペシャリスト
高 島

春は結果を残せませんでしたが、ひと休みした前走のラジオNIKKEI賞ではスムーズに先行して2着。しっかり成長した姿を見せてくれました。

今回は2ヶ月の休養明けとなりますが、外厩でしっかり乗り込まれたこともあり、帰厩してからも良い動きを見せていました。先週ビッシリと追われて好時計を記録。今週は終い重点の内容だったといはいえ、全体の時計も良くラスト1ハロンは12.1秒とキレ味鋭い末脚を見せました。

古馬相手の併せ馬でも先着。状態も上向きと見て注目したい1頭です。

≪美浦・好調教馬≫
グラティアス
(牡3、美浦・加藤征厩舎)

美浦W(良)
6F 83.3-66.8-52.1-37.7-12.1秒

美浦情報スペシャリスト
神 谷

この中間は函館から調整。トレセンに戻ってからはプール調教を加えながら徐々にペースアップ。

先週はウッドコースで79.5秒の好時計を記録。しっかり追われたこともあってラスト1ハロンは11.6秒をマークして状態の良さをアピールしていました。

これまでは5ハロン調教が多かったのですが、この中間は6ハロン調整が中心でココを目標に仕上げたことを強く感じます。連勝で重賞を勝っているように地力があるのは確か。ここは試金石のレースとなりそうです。

[セントライト記念]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー9月16日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

先週の競馬は【今週の目イチ馬主】で取り上げた、キャロットファーム所属馬が土日3重賞で上位を独占。20(月)に行われるセントライト記念にもオーソクレース、ルペルカーリアが出走を予定しています。


注目すべき馬主とは?

キャロットF2頭の馬券取捨は週末に別コンテンツでご確認いただくとして、今年のセントライト記念は社台レースホースソーヴァリアント、レインフロムヘヴンの2頭出し。

その中でも今回はクラブ関係者が大きな期待を寄せる前者に絞って紹介すると、札幌に転戦した1勝・2勝クラスを大楽勝。春には今回と同舞台の中山芝2200mで未勝利戦を勝ち上がっており、今回は3着以内に入り菊花賞の優先出走権を獲りたい青写真です。

現時点では3勝クラスに在籍する条件馬ながら、前走で騎乗した横山武騎手は親しい関係者に「オープンでも即通用します!」とキッパリ。秘めたる素質は重賞級で、形式上は格上挑戦となるここでも軽視は禁物でしょう。

残念ながら横山武騎手は先約の関係でタイトルホルダーに騎乗。そもそも前走はエージェントが同じ大野騎手の騎乗停止によるピンチヒッターでしたので、この乗り替わりは仕方ないところ。それでも内心では未練タラタラなのではないでしょうか?

社台RHは吉田三兄弟の長男・照哉氏が率いる社台Fが母体の全40口募集クラブで、ノーザンF直営のサンデーRと同じ位置づけです。

しかし、近年はノーザンF系クラブの台頭により、大レースでの活躍馬が激減。中央G1勝利は2017年オークスのソウルスターリングを最後に、約4年も勝利から遠ざかっているのをご存知ですか?

クラブ関係者としても久々のG1制覇に向けて、1頭でも多く所属馬を大舞台に送り込みたいところ。勝負度合いは今週の目イチ馬主で取り上げたキャロットF2頭出しに勝るとも劣らず、今年のセントライト記念は社台RH2頭出しの走りから目が離せません。

[セントライト記念]
3つの
好走ポイント
ー9月15日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.前走ダービー組、特に先行馬
2.前走時に人気を集めていたかどうか
3.デカければデカいほど有利


★好走ポイント【1】
前走ダービー組、特に先行馬

前走ダービー [7-6-5-19]
連対率35.1% 複勝率48.6%

9/12(日)の更新分でも触れている通り、前走ダービー組が中心。馬券対象馬の半数以上を占めています。

これだけでも高確率ですが、より精度を高くするポイントはダービーの位置取りです。

ダービー4角4番手以内 [4-3-2-3]
連対率58.3% 複勝率75.0%
ダービー4角5番手以下 [3-3-3-16]
連対率24.0% 複勝率36.0%

このように、ダービーで先行していた馬と、中団以降に控えていた馬とでは成績が大きく変わってきます。

開幕2週目の中山で、まだまだ良好な馬場状態で行われることも先行力が重要になる要素と言えそうです。


★好走ポイント【2】
前走時に人気を集めていたかどうか

前走ダービー以外の馬[3-4-5-105]について見てみると、前走1番人気だった馬[2-2-2-23]が連対率13.8%、複勝率20.7%とまずまずの成績。

前走が条件戦の馬がほとんどのため、古馬相手とは言え下級条件で1番人気にならない=重賞では実力不足と考えて良さそうです。

ちなみに、前走ダービーで1番人気だった馬は過去10年で2頭おり、16年ディーマジェスティ1着、14年イスラボニータ1着で2戦2勝。前走ダービーで2番人気だった馬も14年トゥザワールド2着、11年サダムパテック3着と馬券圏内を外していません。


★好走ポイント【3】
デカければデカいほど有利

-439kg [0-1-0-11]
連対率8.3% 複勝率8.3%
440-459kg [0-1-0-17]
連対率5.6% 複勝率5.6%
460-479kg [3-2-2-43]
連対率10.0% 複勝率14.0%
480-499kg [3-4-6-35]
連対率14.6% 複勝率27.1%
500-519kg [2-1-2-13]
連対率16.7% 複勝率27.8%
520kg- [2-1-0-5]
連対率37.5% 複勝率37.5%

馬体重別成績を見てみると、馬格のある馬が強く、連対率と馬体重はほぼ比例の関係になっています。

勝ち馬は全て460kg以上。馬場改修工事が行われた15年以降に限ると、459キロ以下の馬は[0-0-0-18]で1頭も馬券に絡んでいません。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・レッドヴェロシティ

【★】
・カレンルシェルブル
・グラティアス
・ソーヴァリアント
・タイトルホルダー
・ルペルカーリア


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[セントライト記念]
データで紐解く
レース傾向

ー9月12日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

1995年に菊花賞トライアルに指定。3着までに菊花賞の優先出走権が与えられる[セントライト記念]。

過去10年の勝ち馬にはディーマジェスティ、キタサンブラック、イスラボニータ、フェノーメノ、ナカヤマフェスタなどのGⅠ馬がいますね。

そんなセントライト記念を、『過去10年のデータ』で馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連  3820円
3連複1万8830円
3連単9万7050円


馬連3桁配当は4度、馬連万馬券は1度。3連単10万馬券以上が2度、最高配当では61万8050円が出ています。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【4.3.1.2】
2人気【1.2.1.6】
3人気【1.1.3.5】


上位人気馬が6勝。直近5年はサトノフラッグ、リオンリオン、レイエンダ、アルアイン、ディーマジェスティの1人気が連対しています。上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは15年の1度のみで順当に決まるレースでもあります。

二桁人気の伏兵馬では15年10人気ジュンツバサ(3着)、14年10人気タガノグランパ(3着)、12年14人気スカイディグニティ(2着)などが馬券圏に好走しておりますが大波乱が多いレースではありません。

【過去10年の主なステップレース別の成績(3着以内)】では

ダービー【7.6.5】

2勝クラス【1.3.0】

ラジオNIKKEI賞【1.1.1】

1勝クラス【1.0.2】

プリンシパルS【0.0.1】

青葉賞【0.0.1】


7勝のダービー組が圧倒的な成績を残しております。連対馬20頭中13頭がダービー組で昨年もサトノフラッグ(ダービー11着)が2着、19年リオンリオン(ダービー⑮着)、2着サトノルークス(ダービー⑭着)もダービ組でしたね。

【過去9年の枠番別の成績(3着以内)】では

1枠【0.3.1】
2枠【1.0.3】
3枠【2.1.0】
4枠【2.1.0】
5枠【1.1.1】
6枠【2.0.0】
7枠【1.2.2】
8枠【0.1.1】


14年は新潟競馬で行われたため、過去9年の枠番別の成績では1枠と8枠から勝利馬が出ていなませんが内外も有利不利はありません。脚質的には先行馬が有利なコース設定ですね。





情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ