メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

皐月賞 2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!


4月18日(日)中山競馬場で、3歳牡馬クラシック第一弾【皐月賞】が行われます。

昨年はのちの三冠馬コントレイルという絶対的存在がいましたが、今年に関して言えば「混戦模様!高配当必至」というのが関係者内での見立て。

きっと競馬ファンも「どの馬から?どの馬を買えば‥‥」と頭を悩ませることになるでしょう。

このページ内では、【皐月賞】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。

時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
皐月賞
2021
中山11R芝2000m

~枠順確定版~





1 1 アドマイヤハダル C.ルメール
2 ルーパステソーロ 木幡 巧也
2 3 ステラヴェローチェ 吉田 隼人
4 イルーシヴパンサー 大野 拓弥
3 5 ヴィクティファルス 池添 謙一
6 ヨーホーレイク 岩田 望来
4 7 エフフォーリア 横山 武史
8 ダノンザキッド 川田 将雅
5 9 ラーゴム 北村 友一
10 シュヴァリエローズ 三浦 皇成
6 11 ディープモンスター 戸崎 圭太
12 ワールドリバイバル 菱田 裕二
7 13 タイトルホルダー 田辺 裕信
14 アサマノイタズラ 嶋田 純次
8 15 グラティアス M.デムーロ
16 レッドベルオーブ 福永 祐一

[皐月賞]
注目の社台
グループ関連馬

ー4月17日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

いよいよクラシック第1弾の皐月賞を迎えます。昨シーズンは2018年の北海道胆振東部地震の影響もあり、クラシック無冠に終わってしまった社台グループですが、今年の3歳世代は楽しみな馬が多数スタンバイ。先週の牝馬クラシック初戦の桜花賞ではノーザンFが掲示板を独占しましたが、牡馬のほうはどうなるか。その走りに期待したいところです。

社台グループ関連馬

エフフォーリア

馬主:キャロットF
生産:ノーザンF


デビューから3戦全勝のエフフォーリアがクラシック1冠目へとエントリーしてきました。

エピファネイア産駒で、近親にはアドマイヤムーンやスプリンターズS勝ちのスリープレスナイト、女傑ヒシアマゾンなどがいます。ノーザン空港で育成され、2歳8月に札幌でデビュー勝ち。

2戦目は秋の東京で行われた百日草特別。ここもメンバー最速33秒4の上がりで連勝を飾ります。年内は2戦に留め、今年はGⅢ・共同通信杯から始動すると好位から楽に抜け出し、2着に2馬身半差を付けて快勝しました。

前走後はノーザンF天栄へ放牧に出されココを目標に調整。主戦の横山武騎手が騎乗した近2週の調教でも、好調を感じさせる走りを見せていました。

ヴィクティファルス

馬主:G1レーシング
生産:ノーザンF


スプリングSを制したハーツクライ産駒・ヴィクティファルスは、母の半弟が現種牡馬のシルバーステートで、近親には皐月賞でディープインパクトの2着に入ったシックスセンスがいます。ノーザンF空港で育成され、函館競馬場でゲート試験に合格すると一旦放牧、11月の阪神1800mでデビューしました。

新馬戦では福永騎手を背に先行策から抜け出し、単勝1.4倍の断然人気に応えて1着。2戦目は松山騎手とのコンビで共同通信杯へ挑戦し、エフフォーリアの2着に入って賞金加算に成功しました。

そして池添騎手に乗り替わった前走、スプリングSでは雨の影響も関係なし、直線一気の末脚で見事な差し切り勝ちを収めました。

キャリア3戦でも乗り手を選ばない自在性と、前走で道悪競馬・中山コースを経験した辺りからも侮れない存在といえそうです。


皐月賞



(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

[皐月賞]
重賞調教
ウォッチャー

ー4月16日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
アドマイヤハダル
(牡3、栗東・大久龍厩舎)

栗東坂路(稍)
4F 53.6-38.5-24.7-12.1 強め

栗東情報スペシャリスト
高 島

急遽乗り替わりが発表されましたが、馬の方は至って順調。今回騎乗するルメール騎手とは初めてコンビを組みますが、1週前の調教に騎乗して感触を確かめております。

CWを馬なりに6ハロン追って82.2-12.2秒の好時計をマーク。終始リズム良く走れており、初コンビの不安を微塵も感じさせない動きに見えました。

最終追い切りは坂路で追われ、終い重点の調整内容。フットワークも軽やかで、ラストは12.1秒のキレ味鋭い末脚を使って登板。

前走の若葉Sではラスト3ハロンを33.7秒と豪快な追い込みを見せましたが、一部では「前走以上」との声も挙がっていだけに、今回も直線の走りに注目したいところです。

≪美浦・好調教馬≫
エフフォーリア
(牡3、美浦・鹿戸厩舎)

美浦W(稍)
5F 69.0-54.1-39.7-12.4 馬なり

美浦情報スペシャリスト
神 谷

未だ負け知らず。大阪杯、桜花賞の勝ち馬とシンクロする"無敗"の1頭であることから注目が集まっております。

慎重な番組選びでも結果を残しているように、陣営サイドは"馬の仕上げ方"を完全に熟知していると言えます。

それを証拠に、今回もこれまで同様の調整過程でレースへ臨みます。前走、そして前々走は23日前に入厩してレースへ出走しましたが、今回も3/25にノーザンF天栄より美浦トレセンへ入厩。

これまで同様、ウッドと坂路を織り交ぜながらレースへ向けてグングンと調子を上げている姿が見てとれました。先週のウッドでは5ハロンで65.8秒と抜群の時計を叩き出しており、絶好調を猛アピール。どういった走りを見せてくれるのか、今から楽しみな1頭としてピックアップ致します。

[皐月賞]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー4月15日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

今年の皐月賞は3戦無敗エフフォーリア(馬主:キャロットF)、G1ホープフルS勝ち馬ダノンザキッド(馬主:ダノックス)に注目が集まります。

その一方、2頭に次ぐ有力候補はアドマイヤハダル(馬主:近藤旬子)、グラティアス(馬主:スリーエイチレーシング)、タイトルホルダー(馬主:山田弘)、ディープモンスター(馬主:DMMドリームクラブ)、ラーゴム(馬主:林正道)と大混戦の様相です。


注目すべき馬主とは?

その中でも馬主情報的に要注目は、ヴィクティファルス(馬主:G1レーシング)になります。

G1レーシングと言えばサイト内の無料大人気コンテンツ、【今週の目イチ馬主】で取り上げたスプリングS週が記憶に新しいところでしょう。

吉田三兄弟(長男・照哉氏=社台F、次男・勝己氏=ノーザンF)の三男・晴哉氏が代表を務める追分Fが母体のG1レーシングは、2017年にペルシアンナイトがマイルCSを制覇。

その後もサングレーザー、ジュールポレール、ルヴァンスレーヴなどの活躍により、翌18年には馬主リーディング6位(中央賞金順)まで躍進を遂げます。

しかし、その後に続く活躍馬が現れず、19年は13位。20年16位と成績は右肩下がり。G1勝利は2018年にチャンピオンズCを制したルヴァンスレーヴが最後。重賞勝ち馬も19年1月のシンザン記念ヴァルディゼールから遠ざかっていました。

厳しい現実にクラブ関係者や母体の追分F関係者は危機感を抱いており、それがヴィクティファルスのスプリングS制覇という“結果”で証明してみせた……という具合です。

またG1レーシングは春シーズン恒例の『1歳馬募集』を控えています。3月末には2021年度の特別入会受付が始まっているのも見逃せません。

皐月賞の結果が募集馬の売れ行きに直結するだけに、スプリングSに続いてヴィクティファルスの走りに要注目です。

[皐月賞]
3つの
好走ポイント
ー4月14日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.桜花賞とは一転、先行有利
2.前走1着馬、着差をつけていれば尚よし
3.ノーザンF+上位人気馬=高確率


★好走ポイント【1】
桜花賞とは一転、先行有利

逃げ [0-0-1-12]
連対率0.0% 複勝率7.7%
先行 [2-5-4-22]
連対率21.2% 複勝率33.3%
差し [8-3-5-61]
連対率14.3% 複勝率20.8%
追込 [0-2-0-50]
連対率3.8% 複勝率3.8%

脚質別成績を見てみると、先行、差しが中心。連対率、複勝率は先行勢が高くなっています。先週の桜花賞では、追込[4-4-2-37]で珍しい傾向ということをお伝えしましたが、皐月賞では一転、後方待機馬では厳しいということが分かります。

前走4番手以内 [7-6-7-80]
連対率13.0% 複勝率20.0%
前走5番手以下 [3-4-3-65]
連対率9.3% 複勝率13.3%

前走の4角位置取り別成績を見ても、前走4角4番手以内だった馬が優勢。

前走4角4番手以内、且つ、前走が重賞で3番人気以内だった馬は[7-4-4-24]で連対率28.2%、複勝率38.5%となります。


★好走ポイント【2】
前走1着馬、着差をつけていれば尚よし

前走1着 [8-7-5-52]
連対率20.8% 複勝率27.8%
前走2着 [2-1-2-28]
連対率9.1% 複勝率15.2%

過去10年では、前走1,2着馬で勝ち馬の全て、2,3着馬の大半を占めています。言い換えれば、前走凡走組の巻き返しが難しいレースということになります。

前走1着馬では、タイム差ナシの接戦だった馬[0-2-1-16]に対し、2着に0.1秒差以上つけていた馬[8-5-4-36]。昨年も、

1着コントレイル(0.2秒差)
2着サリオス(0.4秒差)
3着ガロアクリーク(0.2秒差)

前走で0.1秒差以上つけて1着だった馬のワンツースリーでした。


★好走ポイント【3】
ノーザンF+上位人気馬=高確率

ノーザンF生産馬 [3-7-3-45]
連対率17.2% 複勝率22.4%

先週の桜花賞も「ノーザンファーム生産馬が強いレース」とお伝えしていましたが、1着ソダシ、2着サトノレイナス、3着ファインルージュと生産馬が馬券圏内を独占しただけではなく、7着までがノーザンファーム生産馬という結果になりました。

皐月賞でもノーザンファーム生産馬、且つ、レース当日3番人気以内で[2-6-2-9]。勝ち馬がそれほど出ていないのは気になる点ではありますが、連対率42.1%、複勝率52.6%と高確率。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・エフフォーリア
・グラティアス
・ダノンザキッド

【★】
・アドマイヤハダル
・タイトルホルダー
・ディープモンスター
・ラーゴム


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[皐月賞]
データで紐解く
レース傾向

ー4月11日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

牡馬クラシック第一弾の[皐月賞]。

2000年以降の主な勝ち馬ではエアシャカール(2冠馬)、ネオユニヴァース(2冠馬)、ディープインパクト(3冠馬)、メイショウサムソン(2冠馬)、オルフェーヴル(3冠馬)、ゴールドシップ(2冠馬)、ドゥラメンテ(2冠馬)、コントレイル(3冠馬)など、3冠馬が3頭、2冠馬が5頭出ています。

そんな皐月賞を『過去10年のデータ』で、馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬連   3440円
3連複 2万6930円
3連単16万5730円


馬連3桁配当は5度あり順当に決まるケースも多いですが、3連単100万馬券が1度、37万馬券が1度出ているように荒れるケースもありますね。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【3.2.1.4】
2人気【1.3.0.6】
3人気【1.2.3.4】


過去10年、1番人気で勝ったのは昨年のコントレイル、19年サートゥナーリア、13年ロゴタイプの3頭のみ。1番人気が凡走するケースも多く信頼度は高くはありません。

【過去10年・主なステップレース別の成績】では

共同通信杯【4.0.2.10】
スプリングS【3.1.3.32】
弥生賞【0.5.2.34】
毎日杯【1.0.0.9】
ホープフルS【2.0.0.0】
若葉S 【0.2.1.22】
アーリントンC【0.1.0.2】
朝日杯FS【0.1.0.0】
京成杯【0.0.1.3】
きさらぎ賞【0.0.1.5】


ステップレース別の成績では共同通信杯組が4勝、スプリングS組が3勝。優勝馬は出ていませんが連対では弥生賞組が5連対。オープンの若葉Sも勝ち馬こそいませんが3頭が連対しています。

【過去10年の枠番別の成績(3着以内)】では

1枠【1.0.1】
2枠【1.2.1】
3枠【0.1.1】
4枠【2.2.1】
5枠【1.1.2】
6枠【3.1.2】
7枠【1.2.0】
8枠【1.1.2】

枠番別の成績では6枠が3勝(2着1回)、4枠が2勝(2着2回)。3枠のみ勝利馬が出ていませんが、外枠内枠の有利不利はなさそうです。

今年はどんな馬が出走するのか?

今年は3戦無敗のエフフォーリア、ホープフルSを勝った2歳王者ダノンザキッド、新馬戦・京成杯を2連勝中のグラティアス、弥生賞勝ち馬タイトルホルダー、スプリングS勝ち馬ヴィクティファルスなど豪華メンバーが揃いました。

そんなレースもより的中に近づくために、データだけでなく『好走ポイント』『馬主情報』『調教情報』『社台情報』なども、週末にかけて公開していくので、お時間のある時にチェックして下さいね。


情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ