メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

クイーンステークス2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

8月1日(日)函館競馬場で、重賞レース【クイーンステークス・G3】が行われます。

昨年も11番人気のレッドアネモスが勝利(3連複1万2270円的中)するなど、一筋縄ではいかない牝馬限定戦。

このページ内では【クイーンステークス・G3】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。 時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
クイーンS
2021
函館11R1800m

~枠順確定版~





1 1 クラヴァシュドール 藤岡 佑介
2 2 イカット 横山 武史
3 3 フェアリーポルカ 三浦 皇成
4 4 ローザノワール 国分 恭介
5 5 ドナアトラエンテ 川田 将雅
6 マジックキャッスル 戸崎 圭太
6 7 マイエンフェルト 川又 賢治
8 ウインマイティー M.デムーロ
7 9 テルツェット C.ルメール
10 サトノセシル 大野 拓弥
8 11 シャムロックヒル 団野 大成
12 シゲルピンクダイヤ 和田 竜二

[クイーンステークス]
注目の社台
グループ関連馬

ー7月31日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

オリンピックによる変則開催も2週目。今週は牝馬限定のクイーンSが、例年の札幌ではなく函館で行われます。

函館はJRAの10競馬場で唯一ウッドチップの調教コースがあるため、かつては滞在して調整される馬も少なくありませんでした。もっとも今は外厩調整がメインとなり、函館には1週前あたりに入厩する馬が増えています。

外厩調整されたグループ関連馬が、どんな仕上がりでそんな競馬をするかにも注目です。

社台グループ関連馬

マジックキャッスル

馬主:社台RH
生産:社台F


ディープインパクト産駒のマジックキャッスルが二つ目の重賞制覇を狙います。

母ソーマジックは2008年の桜花賞3着馬で、半兄のソーグリッタリングはリステッド競走2勝。社台Fで育成され、2歳7月の福島1200mで4馬身差のデビュー勝ち。

昨秋は紫苑S5着から秋華賞へ向かい、三冠達成のデアリングタクトに1馬身1/4及ばずの2着。そして今年緒戦となった愛知杯で、念願だった重賞制覇を飾ります。今春は阪神牝馬S2着からヴィクトリアマイルへ向かい3着。その後は放牧を挟み、このレース目標で調整されています。

1ハロンの距離延長で競馬がしやすくなり、相手関係も楽になるここは、秋へ向けて落とせないところです。

テルツェット

馬主:シルクR
生産:ノーザンF


洋芝の函館が向きそうなのが、ルメール騎手とコンビを組むテルツェットです。

ディープインパクト産駒で、持ち込み馬だった母ラッドルチェンドの半弟にリアルスティール、半妹にラヴズオンリーユーがおり、同馬は、それらと似た血統構成となります。

ノーザンF空港で育成され、2歳暮れの中山1800mでデビューして新馬勝ち。3歳春のミモザ賞3着を挟み、古馬混合となった東京戦へ向かいますが前頭部裂創で出走取消。それでも夏の新潟戦から、秋の東京戦。さらに4歳1月の東京戦とマイル戦を3連勝。その勢いでダービー卿CTへ向かうと、そのまま重賞制覇を飾ります。

前走ヴィクトリアマイルで14着に敗れた後は、ノーザンF天栄で立て直され、2週前に函館競馬場へ入厩。小回り戦だけにゲートがポイントとなるかもしれませんが、状態は良さそうです。

他にもイカット、フェアリーポルカ、ドナアトラエンテ、マイエンフェルトなどの社台F、ノーザンF生産馬がスタンバイしています。


クイーンS



(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

[クイーンステークス]
重賞調教
ウォッチャー

ー7月30日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
フェアリーポルカ
(牝5、栗東・西村厩舎)

函館W(良)
4F 54.7-39.7-13.1秒

栗東情報スペシャリスト
高 島

近2戦は地方交流へ挑戦。ダートでもしっかり走れるところ見せましたが、やはり本質的には芝の方が良さそうな印象です。

前走が7/8でレース後は栗東トレセンで疲れをとることに専念。動ける状態にまで回復したことを見計らって北海道へ移動しています。間隔が詰まっていることもあり、日曜は軽めに流す程度の調整。今週は気合を付けて追い切り、「一度使った効果も見られて雰囲気は良くなっている」と状態が上向きにあるようです。

他の出走馬に比べて間隔が詰まっており、調整内容も軽めにみえますが、昨年のこのレースは休み明けで臨みピリッとしなかったことを考えれば、“あえてこのローテーションを選んだ”と言える状況にあります。

≪美浦・好調教馬≫
マジックキャッスル
(牝4、美浦・国枝厩舎)

函館W(良)
5F 68.7-53.1-39.4-12.5秒

美浦情報スペシャリスト
神 谷

前走のヴィクトリアMでは3着。上々の内容と言える走りでしたが、陣営としては満足した様子はなく、「もう少し距離を延ばす」と決断。早くからこの舞台に狙いを定めて出走するだけに力が入っているようでした。

2ヶ月半振りのレースとなりますが、7/3に美浦トレセンへ帰厩。「戻ってきた時点で馬体の張りやツヤが目立ち、以前よりも力強さが増した」と成長していることを強調。

美浦ではプールとウッドを併用しながら体調を整え、北海道へ移動直前は坂路でしっかりと追って51.3-12.2秒の好タイムをマークしました。

7/22には函館へ向かうと、今週の追い切りではラチ沿いだったとは言え、バランスの良いラップで好タイムを記録して好調ぶりをアピール。まだ馬券圏を外していない戸崎騎手とのコンビで注目の1頭と言えるでしょう。

[クイーンステークス]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー7月29日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

先週のアイビスSDは当欄で取り上げた、和田牧場のライオンボスが3年続けて好走となる2着。勝ったオールアットワンスとの組み合わせで馬連◎〇的中馬券をお届けしました。

今週は変則日程のため函館芝1800mに舞台を移して、クイーンステークスが行われます。

人気を集めそうなのが、社台レースホース2頭出しの大将格マジックキャッスル。マーメイドSを10番人気で逃げ切ったシャムロックヒルを従えての参戦。ヴィクトリアマイル3着の実績から上位人気に支持されるのは間違いないでしょう。


注目すべき馬主とは?

しかし、馬主情報的にはマジックキャッスルの僚馬であり、国枝厩舎2頭出しとなるドナアトラエンテ(馬主:サンデーレーシング)にも注目したいですね。

原則、競馬は同着でもない限り勝ち馬は1頭のみ。特に勝ち負けが期待できる有力馬を同じレースに複数使いは、厩舎サイドの観点では非効率と言わざるを得ません。

ただ、馬主サイドの視点に立つと厩舎の都合によって適鞍とは異なるレースに使うことを余儀なくされるだけに、大半のオーナーは納得しないでしょう。馬主の発言力が強まった近代競馬においては尚更です。

今回の国枝厩舎2頭出しも社台RH、サンデーR両陣営が一歩も引かず、お互いがクイーンステークス出走にこだわった形。こうして同じ厩舎に所属する社台F、ノーザンF直営クラブの有力馬対決が実現しました。

マジックキャッスル、ドナアトラエンテを管理する国枝調教師としては苦渋の決断も、こうなってしまった以上は目指すのは厩舎ワンツーによる親子丼。究極の理想は2頭による1着同着となります。

今年のクイーンステークスは国枝厩舎が送り込む、馬主勝負馬2頭にどんな結果が待っているのか!?目が離せません。

[クイーンステークス]
3つの
好走ポイント
ー7月28日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.前走G1組が中心
2.勝ち馬のほとんどが前走先行馬
3.1kg増は力の証明


★好走ポイント【1】
前走G1組が中心

2勝クラス [0-0-0-11]
連対率0.0% 複勝率0.0%
3勝クラス [1-2-1-16]
連対率15.0% 複勝率20.0%
OP特別 [0-1-1-8]
連対率10.0% 複勝率20.0%
G3 [3-3-3-37]
連対率13.0% 複勝率19.6%
G1 [6-4-5-23]
連対率26.3% 複勝率39.8%

前走のクラス別成績を見てみると、G1組が6勝、2着4回、3着5回と他を圧倒しています。

昨年も2着ビーチサンバがヴィクトリアマイル9着から、3着スカーレットカラーがヴィクトリアマイル15着からの巻き返しでした。着順問わず、前走G1組には注意する必要があるでしょう。


★好走ポイント【2】
勝ち馬のほとんどが前走先行馬

前走の位置取りを見てみると、前走4角4番手以内が[8-4-0-48]。勝ち馬のほとんど、連対馬の半数以上を占めており、先行力が重要なレースであることが分かります。

前走5番手以下で勝ったのは、18年ディアドラ、15年メイショウスザンナの2頭。18年は11頭立て、15年は10頭立てと、例年よりも捌きやすい手頃な頭数だった影響もありそうです。


★好走ポイント【3】
1kg増は力の証明

1番人気馬が[5-2-2-1]と好成績を収めているように、基本的には実績馬上位のレースと言っていいでしょう。

ここで負担重量の規定を見てみると、『収得賞金が3000万円を超過した馬は超過額2000万円毎に1kg増』となっており、これは収得賞金5000万円以上=1kg増、7000万円以上=2kg増、……ということです。

過去10年、2kg増の馬は1頭(12年8着フミノイマージン)しかおらず[0-0-0-1]ですが、1kg増は[3-0-2-4]で連対率33.3%、複勝率55.6%の好成績。斤量増は割引材料ではなく、能力の証明を考えていいでしょう。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・シゲルピンクダイヤ
・マジックキャッスル

【★】
・イカット
・サトノセシル
・シャムロックヒル
・テルツェット
・フェアリーポルカ
・マイエンフェルト
・ローザノワール


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[クイーンステークス]
カギを握る
注目馬3頭

ー7月25日(日)更新ー

現役トラックマン
古川幸弘



【マジックキャッスル】
(美浦:国枝栄厩舎)
前走⇒Vマイル3着

牝馬の名門・国枝栄厩舎の4歳世代のトップ牝馬。3歳時は牝馬三冠に皆勤し、桜花賞12着、オークス5着、そして秋華賞では2着に好走。明け4歳初戦の愛知杯を勝って待望の重賞初勝利を果たし、その後も阪神牝馬S2着、ヴィクトリアマイルS3着と安定した競馬を続けている。

前走後に厩舎サイドから「マイルにも対応できているが、本質的にはもう少し距離があった方が良いタイプに感じる」という話があり、今後は距離を延ばしていく方針。おそらく秋はエリザベス女王杯が大目標という形になるだろう。

この中間は美浦で調教を積み、22日に函館競馬場入り。一週前追い切りでは美浦の坂路で楽に好時計をマークしており、函館での最終追い切りは反応を確かめる程度で大丈夫だろう。戸崎騎手は夏の新潟リーディングを目指す立場ながら、この日はクイーンSのために函館に向かう。


【テルツェット】
(美浦:和田正一郎厩舎)
前走⇒Vマイル14着

3歳夏の村上特別から4連勝でダービー卿チャレンジTを制し、ヴィクトリアマイルではグランアレグリア、レシステンシアに次ぐ3番人気に推されたディープインパクト産駒の4歳牝馬。

そのヴィクトリアマイルは14着に大敗してしまったが、騎乗していたデムーロ騎手によると「初めてのG1で雰囲気に飲まれてしまったのか、いつもと違ってレース前からテンションが上がってしまっていた」とのこと。後方からの競馬となり、直線でも連勝中のような反応を見せられなかったのはその辺りが原因なのだろう。

連勝中はずっとマイル戦を使っていたが、今回は久々の1800m。小回りの函館という点も含めて流れの違いに戸惑わないかはポイントだが、1800mで新馬戦を勝ち2000mのミモザ賞でも3着と、距離そのものは苦にしていない。このタイミングでルメール騎手に乗り替わる点にも注意したい。


【シゲルピンクダイヤ】
(栗東:渡辺薫彦厩舎)
前走⇒Vマイル5着

3歳時には桜花賞2着、秋華賞3着と牝馬クラシックで活躍していたシゲルピンクダイヤ。古馬になってからはテンションが上がりやすい、輸送が苦手、ゲート難といった精神的な課題が目立つようになり戦績はムラが大きくなっているが、牡馬相手に2着した中日新聞杯、単勝万馬券ながら見せ場十分の5着に粘った前走のヴィクトリアマイルなど、レースで力を出し切れば重賞でも勝ち負けというポテンシャルは見せている。

重賞2着が多く、牝馬重賞の常連ながら勝ち星は2歳秋の未勝利勝ちだけ。こういう手頃なG3でそろそろ1着が欲しいところだろう。精神面が課題の馬だけに滞在競馬は好材料。ゲート内でガタつく癖は厩舎サイドの工夫により最近は落ち着いており、好位を取れれば函館では有利になる。

和田竜二騎手にはフェアリーポルカという10戦連続で乗り続けて重賞2勝を挙げているお手馬もいるが、今回はフェアリーポルカを三浦皇成騎手に譲ってシゲルピンクダイヤに騎乗。やる気になっているのは間違いないだろう。



情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ