メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

日経新春杯2022【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

21年は7番人気の穴馬
ショウリュウイクゾが勝利


≪今週の重賞情報袋とじ≫
日経新春杯
2022
中京11R芝2200m

~枠順確定版~





1 1 モズナガレボシ 松山 弘平
2 クラヴェル 横山 典弘
2 3 マイネルウィルトス 川須 栄彦
4 ステラヴェローチェ M.デムーロ
3 5 ロードマイウェイ 幸 英明
6 ヤシャマル 松田 大作
4 7 アフリカンゴールド 国分 恭介
8 フライライクバード 武 豊
5 9 マイネルフラップ 国分 優作
10 ヨーホーレイク 川田 将雅
6 11 ショウナンバルディ 坂井 瑠星
12 エフェクトオン 秋山 真一郎
7 13 トップウイナー 和田 翼
14 プレシャスブルー 勝浦 正樹
8 15 ダノンマジェスティ 岩田 望来
16 トラストケンシン 池添 謙一

[日経新春杯]
注目の社台
グループ関連馬

ー1月15日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生


社台グループ関連馬

クラヴェル

馬主:キャロットF
生産:ノーザンF


クラヴェルはエピファネイア産駒の5歳牝馬で、母は重賞3勝のディアデラマドレ。2代母のディアデラノビアも重賞3勝馬でG1レースでも3度の3着があります。

ノーザンF早来で育成され2歳秋にデビュー。その後3歳夏に1勝クラス、2勝クラスと連勝も秋華賞では除外となり、3歳時のG1路線に乗ることができませんでした。

4歳となった昨年は3勝クラスで5、4、4着と勝てない競馬が続きましたが、格上挑戦でマーメイドS2着。その後は中京記念、新潟記念で3着とし、9番人気だったエリザベス女王杯でも3着。確実に力をつけていることがうかがえます。

元々関係者の中では「代謝の良い馬で暑い時期は合う」「夏競馬向きの馬」と言われてきた馬ですが、土曜日の牝馬限定だった愛知杯ではなく牡馬相手のここへ出走してきた点も、そのあたりは気にする必要はないということでしょうね。

フライライクバード

馬主:窪田芳郎
生産:社台Co白老F


母シングライクバード、2代母シングライクトーク、3代母フリートークが社台F生産、社台RH所属だった生粋の社台ブランド馬。1歳セレクトセールで1億800万円(税込)にて落札され、社台Fで育成されています。

晩成タイプが多い一族の出で、同馬も初勝利に4戦を要しています。ただ、その後は安定した走りを見せ、勝ち星を重ねながら昨秋にオープン入り。前走のAR共和国杯ではいきなり3着に好走するなど、右肩上がりで成長していっている感じがします。

前走後は、2勝をあげている中京2200mのここ目標で調整され、ハンデも据え置きの55キロ。母シングライクバード、半姉シングウィズジョイも管理していた厩舎からすれば、ゆかりの血統馬だけになんとか重賞タイトルを獲りたいところでしょう。

[日経新春杯]
重賞調教
ウォッチャー

ー1月14日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
マイネルウィルトス
(牡6、栗東・宮厩舎)

栗東坂路(稍)
4F 52.2-37.5-24.4-12.4秒 強め

栗東情報スペシャリスト
高 島

この中間は放牧へ出て12/22にグリーンFより帰厩。坂路を中心とした調整内容で、先週はCWで併せ馬を行いました78.2‐11.6秒とキレのある動きを見せており、単純な時計でもこれまで以上の動きを見せていました。

先週しっかり追ったことから、今週はバランス重視の調整内容。「最後まで集中力があり、力強い伸び脚だった」と関係者は動きの良さを強調していました。

昨年のアルゼンチン共和国杯で2着へ好走。末脚勝負では分が悪い面もありますが、持久力勝負ならメンバー上位の力があるはず。早めに動き出す競馬ができれば好走に期待出来そうです。

≪美浦・好調教馬≫
プレシャスブルー
(牡8、美浦・相沢厩舎)

美浦W(良)
5F 67.0-52.0-38.1-11.9秒 強め

美浦情報スペシャリスト
神 谷

昨年はオープンクラスで上位へ好走することも多く、悲願の重賞制覇へ意気込んでいます。今年8歳となりますが、「むしろ年々力をつけてきた」と関係者が話すように辛抱強く成長を促してきたことが実を結んだようです。

この中間はウッドを中心に追っていますが、強めに追っているようにここへ向けて力の入った調教を行っています。併せ馬でもきっちりと先着を果たしており、最終追切を強めに追ってキッチリと仕上がったようです。

戦歴からはムラっ気があるタイプに見えることから、ここでも人気の盲点となりそうなタイプ。個人的には注目したい1頭です。

[日経新春杯]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー1月13日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

日曜は昨年に続いて中京競馬場で日経新春杯が行われます。

今年は同舞台の中京芝2200mで行われた神戸新聞杯の勝ち馬で、昨年暮れの有馬記念で僅差4着に好走したステラヴェローチェ(馬主:大野剛嗣)が出走。

年明けの中山金杯に特別登録してファンを驚かせたのは、日経新春杯へ参戦を視野に入れたハンデ確認。陣営も想定内としていた57キロに収まったことで、厳寒期のG2に連戦で使ってきました。


注目すべき馬主とは?

ステラヴェローチェの電撃参戦により急遽ジョッキーを探すことになったのは、M.デムーロ騎手で内定していたマイネルウィルトス(馬主:ラフィアン)です。

どんな理由であれ競馬界では一方的な先約破棄はご法度。マイネル軍団にとっても今回の騎乗キャンセルは寝耳に水だったようで、クラブHPの近況情報で

「ステラヴェローチェが日経新春杯に出走することになり、M.デムーロ騎手がそちらへ乗ることになりました。騎手は現在、調整中です」

と異例の公式発表に踏み切ったほど。

ご承知のとおりラフィアンとM.デムーロ騎手は昨年のオークスを、ユーバーレーベンとのコンビで制覇。マイネル軍団創設者で21年春に亡くなった岡田繫幸氏が悲願としていた、初のクラシックG1制覇を成し遂げました。

それ以来M.デムーロ騎手は文字どおりマイネル軍団の主戦として活躍。新潟記念1着マイネルファンロン(12人気)、アルゼンチン共和国杯2着マイネルファンロン(4人気)など、重賞では[2-1-1-4]勝率25%、連対率37.5%、複勝率50%と大舞台で無類の強さを発揮しています。

いまでは競馬ファンだけでなく、馬主サイドとしても「マイネル軍団の勝負馬はM.デムーロ!」という認識でいただけに、急遽の乗り替わりは誤算だったに違いありません。

しかし、クラブHPにおける強い口調で騎乗キャンセルを強調する公式発表は、それだけマイネルウィルトスが日経新春杯で勝負がかりだった裏返し。

また今回は前走のチャレンジCに続いてマイネルフラップと2頭出しを予定しており、マイネル軍団が得意とするチームプレーに打って出る可能性があります。

そういった背景からも、マイネルウィルトスには注目したいですね。

[日経新春杯]
3つの
好走ポイント
ー1月12日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.斤量2.0~2.5kg減
2.4歳馬が圧倒的
3.コース実績=適性が重要


★好走ポイント【1】
斤量2.0~2.5kg減

斤量増 [1-1-3-11]
連対率12.5% 複勝率31.3%
増減なし [1-3-3-40]
連対率8.5% 複勝率14.9%
斤量減 [8-6-4-65]
連対率16.9% 複勝率21.7%

前走から斤量減の馬が、過去10年の連対馬の半数以上を占めています。

出走頭数も多く、連対率はそこまで高くありませんが、斤量減の程度を見て見ると、好走馬のほとんどが前走から2.0~2.5kg減。[6-4-1-10]で、連対率は47.6%と非常に高くなります。


★好走ポイント【2】
4歳馬が圧倒的

4歳 [7-3-0-20]
連対率33.3% 複勝率33.3%
5歳 [2-4-5-25]
連対率16.7% 複勝率30.6%
6歳 [1-3-5-29]
連対率10.5% 複勝率23.7%
7歳~ [0-0-0-42]
連対率0.0% 複勝率0.0%

4歳馬が7勝、連対率ベースで見ても5歳以上を圧倒しています。

好走ポイント【1】の斤量2~2.5kg減と合わせて見ると、[5-1-0-3]で連対率66.7%。3頭の勝ち馬が出ている菊花賞組が中心ですが、20年勝ち馬モズベッロはグレイトフルS4着(3勝クラス)から、17年2着馬シャケトラは境港特別1着(2勝クラス)からの臨戦でした。


★好走ポイント【3】
コース実績=適性が重要

昨年に続いて中京芝2200mでの施行となります。

昨年の勝ち馬ショウリュウイクゾ、2着馬ミスマンマミーアがともに中京芝2200mで連対実績があったように、コース実績=適性は重要なポイントと言えそう。

また、2頭とも2400mで勝ち鞍がありました。前走・菊花賞組から3頭の勝ち馬が出ていることからも、長距離志向が強いレースという性格も窺えます。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・ステラヴェローチェ
・ヨーホーレイク

【★】
・アフリカンゴールド
・クラヴェル
・ダノンマジェスティ
・フライライクバード


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。
情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ