メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

新潟2歳ステークス2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

8月29日(日)新潟競馬場では、2歳限定重賞レース【新潟2歳ステークス・G3】が行われます。

過去の好走馬からはジャスタウェイ、イスラボニータ、ハープスターなど、後のG1・重賞戦線で活躍する馬も多いレースだけに、先々を占う意味でも注目度の高い重賞レース。

そんな【新潟2歳ステークス・G3】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。

時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
新潟2歳ステークス
2021
新潟11R芝1600m

~枠順確定版~





1 1 セリフォス 川田 将雅
2 2 クレイドル 福永 祐一
3 3 ウインピクシス 丸山 元気
4 4 タガノフィナーレ 田辺 裕信
5 5 スタニングローズ 松山 弘平
6 オタルエバー 幸 英明
6 7 クラウンドマジック 岩田 康誠
8 アライバル C.ルメール
7 9 キミワクイーン M.デムーロ
10 サイード 戸崎 圭太
8 11 コムストックロード 柴田 大知
12 グランドライン 三浦 皇成

[新潟2歳ステークス]
注目の社台
グループ関連馬

ー8月28日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生


社台グループ関連馬

アライバル

馬主:キャロットF
生産:ノーザンF


現2歳世代最初のマイル重賞である新潟2歳Sには、社台グループ関連から6頭が出走します。

中でも人気を集めることになりそうなアライバルは、6月の東京マイル新馬戦を2馬身半差の快勝。ハービンジャー産駒で母クルミナルは桜花賞2着、オークス3着馬。ひとつ上の半姉ククナは昨秋のアルテミスSで2着に入っています。

ノーザンF空港で育成され3月下旬には美浦トレセンへ入厩。順調に乗りこまれ、稍重馬場だった新馬戦も1.8倍の人気に応えての勝利でした。良馬場の新潟マイルでどんな競馬をするかがポイントとなるでしょうね。

他では

ダイワメジャー産駒のセリフォスは6月中京マイルで新馬勝ち。追分Fリリーバレーで育成され4月後半には栗東トレセンでゲート試験合格とスムーズな調整。前走のレース内容はやや若さを感じさせるものでしたが、逆に踏まえると成長の余地も大きいタイプ。

リオンディーズ産駒のオタルエバーは新潟開幕週のデビュー戦で4馬身差の逃げ切り勝ちを決めています。昨年のセレクトセールで4510万円の値が付いたレイクヴィラFの生産馬。ノーザンF空港で育成され6月に栗東へ入厩すると、デビュー1週前に坂路で51秒6をマーク。短期放牧を挟んだ今走も直前の坂路で好時計と、スピードのありそうなタイプです。

キングカメハメハ産駒の牝馬スタニングローズはデビュー戦こそ2着でしたが、マイルへ距離延長となった阪神未勝利戦を快勝。伯父にジャパンC馬ローズキングダム、2代母に3度のG12着があるローズバドと俗にいう薔薇一族の出で、ノーザンF空港の育成馬です。

ひとつ上の半兄に皐月賞、ダービーでともに3着だったステラヴェローチェがいるクロフネ産駒のクレイドル、ロードカナロア産駒のキミワクイーンもエントリーしています。

[新潟2歳ステークス]
重賞調教
ウォッチャー

ー8月27日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
スタニングローズ
(牝2、栗東・高野厩舎)

栗東坂路(良)
4F 51.3-37.4-24.5-12.1秒 馬なり

栗東情報スペシャリスト
高 島

デビュー前から好時計を叩き出し、注目を集めていました。レースでもセンスの高い走りですぐに勝ち上がり、将来が有望視される1頭です。

前走後は一旦放牧へ出て、8/5にノーザンFしがらきから帰厩。外厩でもしっかり乗り込まれていたこともあり、8/8には坂路で時計を出して徐々にペースアップしてきました。

今週の追切では併せ馬でもキッチリ先着。時計も自己ベストを叩き出してラスト1ハロンは12.1秒と、より一層末脚のキレ味が増したように感じます。重賞の舞台でどのような走りを見せてくれるか楽しみです。

≪美浦・好調教馬≫
ウインピクシス
(牝2、美浦・上原厩舎)

美浦W(稍)
5F 67.1-51.3-36.6-11.1秒 馬なり

美浦情報スペシャリスト
神 谷

前走のデビュー戦ではトレセンで1ヶ月乗り込んでから出走。末脚はキレ味は鋭く、能力の高さを感じさせていましたが、全体の調教を見るに良化の余地はあると見ていました。

しかし、レースではスムーズに先行して、ラストは後続を引き離して快勝。これからも楽しみな1頭として見ていました。

この中間も前走と似たような調整スケジュールを消化。2週続けて丸山騎手が調教に跨り、どちらもラスト1ハロンで11秒台を記録するなど、さらに良くなった印象を受けました。

[新潟2歳ステークス]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー8月26日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

今週の新潟2歳ステークスはキャロットファーム2頭出しアライバル、クレイドルに要注目。

ご承知のとおりノーザンF傘下のクラブ馬(サンデーレーシング、キャロットファーム、シルクレーシング)は、東西外厩(東=天栄、西=しがらき)の責任者が出走ローテを決定していると言われています。

そのため登録上オーナーが同じでも重賞で有力馬が激突することも珍しくなく、今年の毎日杯は後のダービー馬シャフリヤール(ノーザンFしがらき)と、グレートマジシャン(ノーザンF天栄)のサンデーRワンツーという事態が起こったのは、まだ記憶に新しいところ。


注目すべき馬主とは?

しかし、今回のキャロットF有力馬2頭出しは、どちらも外厩はノーザンF天栄調整馬になります。

またクラブ公式だとアライバルが8/4の時点で、次走は新潟2歳Sと正式表明。グレイドルはそれから遅れること約1週間後の8/12に、同レース参戦が決定しているのをご存知でしょうか?

通常、競馬は同着でも無い限り勝ち馬は1頭のみ。しかも新潟2歳Sは春のクラシック参戦を見すえて賞金を加算したい重要なレースであり、キャロットFだけでなくノーザンF天栄サイドとしても、有力馬の2頭出しは避けたかったに違いありません。

上記の背景には来週の札幌2歳Sで上位人気が予想される、ノーザンF天栄調整馬ジオグリフ(馬主:サンデーR)との使い分けが考えられます。同馬は6月末時点で札幌2歳S参戦を視野に入れており、ルメール騎手で出走予定です。

ノーザンF天栄サイドとしては鞍上が被るアライバルを使い分けたと同時に、適性を重視して小回り芝1800mの札幌2歳Sではなく、新潟2歳Sの方にグレイドルをぶつけた形になります。

どちらも明確な意図を持っての参戦であり、クラブ及びノーザンF天栄サイドの理想は同馬主の親子丼でしょう。今年の新潟2歳SはキャロットF2頭出しの走りから目が離せません。

[新潟2歳ステークス]
3つの
好走ポイント
ー8月25日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.上がり最速馬を探せ
2.『異端』ローテの上がり上位馬が穴
3.箇条書き3項目はここ


★好走ポイント【1】
上がり最速馬を探せ

上がり3F1位 [6-3-1-0]
連対率90.0% 複勝率100.0%
上がり3F2位 [4-3-2-2]
連対率63.6% 複勝率81.8%
上がり3F3位 [0-2-2-8]
連対率16.7% 複勝率33.3%

先週の札幌記念も『上がり最速馬』が強いレースで、上がり最速だったラヴズオンリーユーが2着、上がり2位タイだったペルシアンナイトとマイネルウィルトスが3,4着という結果でした。

今週の新潟2歳Sはそれ以上に顕著な傾向が出ており、上がり最速馬が過去10年で6勝、2着3回、3着1回と馬券対象率100%です。上がり2位の成績も極めて良く、ラストにどれだけ速い上がりを使えるかが求められるレースと言えるでしょう。

ちなみに、新潟外回りコースの最後の直線は659m。上がり3ハロン(600m)は全て直線に含まれていることになります。

では、どの馬が今回、上がり最速をマークするのか。

過去10年で上がり最速をマークした馬10頭を調べると、そのうちの9頭が前走でも上がり最速をマークしていました。残りの1頭は前走上がり2位。

ひとまず、前走で速い上がりをマークしていた馬が今回の候補になることはまず間違いありません。


★好走ポイント【2】
『異端』ローテの上がり上位馬が穴

過去10年の勝ち馬は全て4番人気以内でしたが、6番人気以降が[0-3-7-98]。10頭が馬券に絡んでいるように、2,3着馬に関しては一筋縄では行かないレースとなっています。

近年、その6番人気以降で馬券対象になった馬は、

19年 8人3着 ビッククインバイオ
→前走東京芝1600m(逃げ切り)

18年 8人3着 スティルネス
→前走福島芝1200m

16年 6人2着 オーバースペック
→前走福島芝1800m

15年 12人2着 ウインファビラス
→前走福島芝1800m

15年 8人3着 マコトルーメン
→前走函館芝1200m(函館2歳S5着)

14年 6人3着 ニシノラッシュ
→前走福島芝1200m

王道ではなく別路線組、いわゆる『異端』の臨戦過程だったことが共通点。だからこその人気薄だったとも言えるでしょう。

ただし、上記6頭全てが前走時に上がり1~2位をマークしており、速い上がりの裏付けが重要であることには変わりありません。

ヒモ穴候補を探す際にも、まずは速い上がりをマークできるかどうかを考えることが近道と言えそうです。


★好走ポイント【3】
前走の勝ちっぷりに注目

過去10年で馬券対象になった馬30頭のうち、29頭が前走1着馬。唯一の例外は15年3着マコトルーメンで、前走は函館2歳S3着でした。

前走1着馬が前走で2着馬につけた着差に注目してみると、

1.0以上 [0-1-0-1]
連対率50.0% 複勝率50.0%
0.6-0.9 [3-1-2-5]
連対率36.4% 複勝率54.5%
0.3-0.5 [3-0-2-25]
連対率10.0% 複勝率16.7%
0.1-0.2 [4-5-3-47]
連対率15.3% 複勝率20.3%
0.0(タイム差なし) [0-3-2-28]
連対率9.1% 複勝率15.2%

0.6秒差以上をつけて勝っていた馬は、連対率、複勝率が大きくハネ上がります。逆に、タイム差なしの辛勝だった馬からは勝ち馬が出ていません。

相手関係もあってのことなのでレース内容は慎重に判断すべきではありますが、ひとまず圧勝している馬には注目しておいて損はないでしょう。

なお、1.0秒差以上をつけて馬券対象外だったのは16年アピールバイオですが、8番人気でクビ差4着と人気以上の走りで、あと一歩で圏内でした。

好走注目馬はこの馬
【★】
・アライバル
・ウインピクシス
・オタルエバー
・クラウンドマジック
・グランドライン
・サイード
・スタニングローズ


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[新潟2歳ステークス]
データで紐解く
レース傾向

ー8月22日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

数多くのGⅠ馬を輩出している出世レースの2歳重賞[新潟2歳ステークス]。

同レースの連対馬ではロードクエスト、ウインファビラス、ハープスタ-、イスラボニータ、ジャスタウェイ、セイウンワンダー、エフティマイヤ、マイネルレコルト、ショウナンパントルなどがGⅠで連対、勝利していますね。一昨年の勝ち馬ケイデンスコールもNHKマイルCで2着に好走しています。

そんな新潟2歳ステークスを、『過去10年のデータ』で馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連  3880円
3連複1万9790円
3連単9万7950円


馬連3桁配当は4度あり固い決着もありますが馬連万馬券も2度あるように波乱になるケースもあります。3連単10万馬券以上は2度で最高配当は47万1970円。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【4.3.0.3】
2人気【1.1.2.6】
3人気【4.1.1.4】


上位人気馬が9勝しているように伏兵馬が優勝するケースはありませんね。 1人気で勝ったのはウーマンズハート、ケイデンスコール、ロードクエスト、ハープスターの4頭で、3頭は後のGⅠでも活躍している実力馬。上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはありませんが、二桁人気馬が2頭連対(15年ウインファビラス12番人気②着・12年ノウレッジ10番人気②着)しているように人気薄が馬券に絡むケースもあります。

【過去10年の牝馬の成績】では

19年ウーマンズハート(1着)
17年コーディエライト(2着)
16年ヴゼットジョリー(1着)
15年ウインファビラス(2着)
13年ハープスター(1着)


過去10年で158頭中70頭の牝馬が出走し[3.2.5.60]。牝馬が10頭馬券圏に好走(3頭が優勝)しており夏に強い牝馬の好走が目立ちますね。

また、過去の傾向では先行馬よりも差し、追い込み脚質の方が成績上位。上がり3ハロンの時計が速い馬の連対率も高くなっており終い切れる脚を使える馬が有利です。過去10年の優勝馬も10頭中全頭がメンバー中1~2位(上がり3ハロン)となっています。

情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ