メールが届かない方

⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

【新潟2歳S】調教ウォッチャー注目馬2頭のワンツー!

8月30日(日)新潟競馬場では、2歳限定重賞レース【新潟2歳ステークス・G3】が行われます。

過去にジャスタウェイ、イスラボニータ、ハープスターなど、後のGI・重賞戦線で活躍する馬も多いレースだけに、先々を占う意味でも注目度の高い重賞レース。

そんな【新潟2歳ステークス・G3】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。

時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
新潟2歳ステークス
2020
新潟11R芝1600m

~枠順確定版~





1 1 シュヴァリエローズ M.デムーロ
2 ジュラメント 藤田 菜七子
3 3 ロードマックス 岩田 望来
4 4 ファルヴォーレ 岩田 康誠
5 5 フラーズダルム 福永 祐一
6 6 セイウンダイモス 内田 博幸
7 ハヴァス 丸山 元気
7 8 タイガーリリー 三浦 皇成
9 ブルーシンフォニー 田辺 裕信
8 10 ブルーバード 柴田 大知
11 ショックアクション 戸崎 圭太

[新潟2歳ステークス]
注目の社台
グループ関連馬

ー8月29日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

夏競馬も残り2週。例年であれば札幌で国内外から名手が集まるWASJが行われ、グループ関連からも彼ら用に期待馬や素質馬をエントリーさせるところですが、今年はコロナ禍の影響で中止。もっともそのおかげで新潟の2歳マイル重賞・新潟2歳Sにも上位ジョッキーが参戦できることとなりました。このあたりがどう出るのか、今週も社台グループ関連馬に要注意です。

社台グループ関連馬

フラーズダルム

馬主:吉田勝己
生産:ノーザンF


今年2世代目を迎えたキズナ産駒のフラーズダルムが、社台グループにおける世代最初の重賞勝ちを狙います。

母クーデグレイスはローズS3着、秋華賞4着の実力馬。近親にはGⅠ2勝で現種牡馬のラブリーデイがいる筋の通った血統馬です。母同様に社台グループオーナーズの所属馬で、ノーザンFの生産馬のため吉田勝己氏の勝負服で走ります。

ノーザンF早来の育成馬で、2歳3月半ばにはノーザンFしがらきへ移動し、4月2週目には栗東トレセンへ入厩。ゲート試験もすぐに合格し1か月ほどの再放牧を挟むと、6月2週目の阪神芝1600新馬戦へ出走。2番手から4コーナーでは先頭に並びかけ、そのまま4馬身差をつける圧勝でデビュー勝ちを収めました。

新馬勝ち後は新潟2歳Sを目標に調整され、放牧を挟んで仕上がりも上々。これまでキズナ産駒は複数の重賞ウイナーを輩出していますが、実はグループ関連馬はゼロ。クラブでも人気が集まっている種牡馬だけに、父の価値を高める走りに期待したいですね。

シュヴァリエローズ

馬主:キャロットF
生産:ノーザンF


阪神マイルで新馬勝ちしたディープインパクト産駒、シュヴァリエローズも注目の1頭です。

母は仏重賞ウイナーのヴィアンローズで、キャロットFの1歳募集では20万円×400口の総額8000万円で募集されました。ノーザンF空港で育成され、5月半ばには栗東トレセンへ入厩。すぐにゲート試験に合格し、そのままデビューを目指すことになり6月阪神3週目のマイル戦へと向かいました。

新馬戦では1番人気に支持され、3番手からレースを進め直線抜け出すと、そのまま押し切っての初勝利。5月生まれにもかかわらず春シーズンの育成牧場からトレセンへの移動、そして6月のデビューまでスムーズに進み、なおかつ結果を出したのはこの馬自身の素質の高さを表すものといえます。

前走後はノーザンFしがらきへの放牧を挟み、このレース目標で調整されています。本格化するのはまだ先になりそうですが、現時点でも楽しみな1頭と言えるでしょう。

[新潟2歳ステークス]
重賞調教
ウォッチャー

ー8月28日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ショックアクション
(牡2、栗東・大久保龍厩舎)

栗東坂路(良)
4F 55.1-39.3-24.7-11.8秒

栗東情報スペシャリスト
高 島

前走、マイルへの距離延長で即座に結果を出したショックアクション。実は私も新馬戦から注目していた1頭で、会員限定コラムで続けて推奨している馬でもあります。

新馬戦では強気の4角先頭も、前崩れの展開で最後に脚が止まって3着。それでも流れを考慮すれば「負けて強し」の内容だけに、前走での巻き返しも納得です。鞍上の福永騎手も溜めて良さが出るこの馬の特性を引き出し、好位でうまくタメを作れたことが勝利に繋がったと見ていいでしょう。

中2週の参戦とあって、最終追いは終い重点の内容。それでも1週前の坂路では52秒台を出されており、このレースに向けてしっかりと負荷を掛けられています。坂路でも終い11秒台を連発しているように、切れる末脚は新潟外回りコースにピッタリ。重賞のココも注目しておきたい1頭です。

≪美浦・好調教馬≫
ブルーシンフォニー
(牡2、美浦・伊藤圭厩舎)

美浦南ウッド(良)
5F 67.3-52.4-38.3-12.7秒

美浦情報スペシャリスト
神 谷

東京マイルの新馬戦を快勝した後、新潟2歳Sを目標にして調整されてきたブルーシンフォニー。その新馬戦では直線で前が壁になって窮屈になるシーンがありながら、ラスト1Fで一気に瞬発力を発揮して差し切りV。

スムーズに追い出せていれば突き抜けていた可能性が高く、スケール感は関東勢で一番と言っても過言ではありません。直線の長い新潟外回りコースは持ち前の末脚がより活かされる舞台だけに、2連勝での重賞制覇も十分にあり得るでしょう。

1週前の追い切りでは南ウッドコースで5F63.6-49.3-36.6-12.6秒を馬なりでマーク。ウッドコースを2歳馬がこの時計で駆けるのは破格と言って良く、今週は時計こそ先週に及びませんでしたが、パワフルな動きで躍動感を見せつけました。2ヶ月ぶりの実戦でも力を問題なく発揮できそうです。

[新潟2歳ステークス]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー8月27日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

今年の新潟2歳SはキャロットFのディープインパクト産駒シュヴァリエローズ

社台オーナーズ(馬主名義は吉田勝己)所属馬で新馬戦を4馬身差で圧勝したフラーズダルムなど、ノーザンF関連名義の有力馬が出走を予定しています。


注目すべき馬主とは?

しかし、ノーザンF生産の2頭以上に競馬ファンの注目を集めているのが、藤田菜七子ジョッキーが騎乗するジュラメント(馬主:犬塚悠治郎)でしょう。

犬塚悠治郎オーナーは自身のブログ(ぐりぐり君の個人馬主ブログ)にて、日々ファンに向けて情報を発信。8/26(水)時点のアメブロ競馬部門で堂々の1位。参考までに2位はニシノ、セイウンの西山茂行オーナーが直筆しているブログ(西山牧場オーナーの(笑)気分)になります。

同オーナーはDr.copaこと小林祥晃オーナーと肩を並べる“藤田菜七子ファン”を公言しており、愛馬グレイトホーン(19年JRAブリーズアップセールで2700万)は「菜七子ちゃんに乗ってほしい」との理由で落札したほど。

実際のレースでも藤田菜騎手を主戦ジョッキーとして積極的に起用。[3-3-0-14]勝率15%、連対率30%という好成績をマークしています。

新潟2歳Sで藤田菜騎手が乗るジュラメントもグレイトホーンと同じく、今年のJRAブリーズアップセールで同セリ1位となる3410万の高値をつけたキズナ産駒です。

藤田菜騎手が乗る愛馬での重賞制覇は犬塚悠治郎オーナーにとっての悲願だけに、今年の新潟2歳Sはジュラメントの走りに要注目です。

[新潟2歳ステークス]
3つの
好走ポイント
ー8月26日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.上がり最速馬を探せ
2.穴は『異端』ローテの上がり上位馬
3.スポット参戦は色気の表れ


★好走ポイント【1】
上がり最速馬を探せ

上がり3F1位 [5-3-1-1]
連対率80.0% 複勝率90.0%
上がり3F2位 [5-3-1-3]
連対率66.7% 複勝率75.0%
上がり3F3位 [0-2-2-7]
連対率18.2% 複勝率36.4%

直線の長い新潟外回りコースで行われることもあり、上がり勝負になりやすいレース。上がり3位以内が[10-8-4-11]、勝ち馬全てを含む馬券対象馬の大半を占めています。

昨年の勝ち馬ウーマンズハートは上がり3ハロン32秒8で差し切り勝ち。過去最速は13年の勝ち馬ハープスターの32秒5でした。

では、どの馬が今回、上がり最速をマークするのか。

過去10年で上がり最速をマークした馬10頭を調べると、そのうち9頭が前走でも上がり最速をマークしていました。残りの1頭は前走時、上がり2位。

つまり、前走で速い上がりをマークしていなかった馬=今回も速い上がりをマークできない=好走確率が下がる、と考えてよさそうです。


★好走ポイント【2】
穴は『異端』ローテの上がり上位馬

1番人気が4勝、3番人気が4勝と勝ち馬の大半は上位人気馬ですが、6番人気以降が[1-4-7-102]。実に12頭が馬券に絡んでおり、2,3着馬に関しては一筋縄では行かないレースとなっています。

近年、その6番人気以降で馬券対象になった馬は、

19年 8人3着 ビッククインバイオ
→前走東京芝1600m(逃げ切り)

18年 8人3着 スティルネス
→前走福島芝1200m

16年 6人2着 オーバースペック
→前走福島芝1800m

15年 12人2着 ウインファビラス
→前走福島芝1800m

15年 8人3着 マコトルーメン
→前走函館芝1200m(函館2歳S5着)

14年 6人3着 ニシノラッシュ
→前走福島芝1200m

王道ではなく、いわゆる『異端』の臨戦過程だったことが共通点。だからこその人気薄だったとも言えるでしょう。

ただし、上記6頭全てが前走時に上がり1~2位をマークしており、速い上がりの裏付けが重要であることには変わりありません。

ヒモ穴候補を探す際にも、まずは速い上がりをマークできるかどうかを考えることが近道と言えそうです。


★好走ポイント【3】
スポット参戦は色気の表れ

美浦所属 [6-8-7-109]
連対率10.8% 複勝率16.2%
栗東所属 [4-2-3-23]
連対率18.8% 複勝率28.1%

騎手の所属別成績を見てみると、率ベースでは栗東所属騎手が倍近くの好成績となっています。

これはもともと新潟を主戦場にしていないにも関わらず、該当馬のためにわざわざ新潟にスポット参戦している=色気アリの新潟遠征、ということが数字として表れているのでしょう。

普段は札幌、小倉で騎乗しているにも関わらず、今週だけ新潟で騎乗する栗東所属騎手は注目すべきと言えそうです。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・セイウンダイモス
・ファルヴォーレ
・フラーズダルム

【★】
・ショックアクション
・ブルーシンフォニー
・ブルーバード
・ロードマックス


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

⇒札幌記念も1~3着を好走注目馬が独占(こちらをクリック)

[新潟2歳ステークス]
データで紐解く
レース傾向

ー8月23日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

数多くのGⅠ馬を輩出している出世レースの2歳重賞[新潟2歳S]。

同レースの連対馬ではロードクエスト、ウインファビラス、ハープスタ-、イスラボニータ、ジャスタウェイ、セイウンワンダー、エフティマイヤ、マイネルレコルト、ショウナンパントルなどがGⅠで連対、勝利していますね。一昨年の勝ち馬ケイデンスコールもNHKマイルCで2着に好走しています。

そんな新潟2歳Sを『過去10年のデータ』で馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連  6730円
3連複 3万0380円
3連単18万4010円


馬連3桁配当3度、馬連万馬券は3度。3連単10万馬券以上が3度で最高配当は86万7410円。

二桁人気馬が3頭馬券圏に好走しているように人気薄が馬券に絡むレースでもありますが上位人気馬で決着するケースも少なくありません。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気[4-2-0-4]
2人気[0-1-2-7]
3人気[4-1-0-5]


1人気で勝ったのはケイデンスコール、ロードクエスト、ハープスター、シンメイフジの4頭で後にGⅠでも活躍している実力馬。2人気は1連対と不振ですが3人気が4勝(5連対)の成績です。上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは1度のみとなっております。

【過去10年の牝馬の成績】

19年ウーマンズハート(1着)
17年コーディエライト(2着)
16年ヴゼットジョリー(1着)
15年ウインファビラス(2着)
13年ハープスター(1着)
10年マイネイサベル(1着)


過去10年で164頭中70頭の牝馬が出走し[4.2.4.61]。牝馬が6頭連対(4頭が優勝)しており夏に強い牝馬の好走が目立ちますね。

過去の傾向では先行馬よりも差し、追い込み脚質の方が成績上位。上がり3ハロンの時計が速い馬の連対率も高くなっており終い切れる脚を使える馬が有利です。

過去10年の優勝馬も10頭中9頭がメンバー中1~2位(上がり3ハロン)となっています。


今年はどんな馬が出走するのか?

8/23時点での特別登録11頭を見渡すと

2戦無敗のブルーバード、新馬勝ちしたフラーズダルムブルーシンフォニーハヴァスシュヴァリエローズなどが出走予定です。

そんなレースもより的中に近づくために、データだけでなく『好走ポイント』『馬主情報』『調教情報』『社台情報』なども、週末にかけて公開していくので、お時間のある時にチェックして下さいね。

▼社台情報も穴馬推奨▼

情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




毎週[◎]と[穴]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、毎週¥0で【重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り
私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ