メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

金鯱賞 2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

3月14日(日)中京競馬場で【金鯱賞】が行われます。

今年は20年度の3冠牝馬デアリングタクトも出走を予定しており、例年以上に注目が集まっているようです。

そんな【金鯱賞】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。

時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
金鯱賞
2021
中京11R芝2000m

~枠順確定版~





1 1 デアリングタクト 松山 弘平
2 2 サンレイポケット 秋山 真一郎
3 3 ブラヴァス 福永 祐一
4 4 グローリーヴェイズ 川田 将雅
5 5 ギベオン 西村 淳也
6 6 ジナンボー 菱田 裕二
7 7 キセキ M.デムーロ
8 ペルシアンナイト 大野 拓弥
8 9 サトノフラッグ C.ルメール
10 ポタジェ 北村 友一

[金鯱賞]
注目の社台
グループ関連馬

ー3月13日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

春のGⅠシリーズへ向けた前哨戦が本格化する3月。今週日曜は中京で金鯱賞、阪神ではフィリーズレビューとGⅡ2戦が組まれています。とくに2017年からこの時季に施行されるようになった金鯱賞は重要なステップレースとして定着していますが、今年はグループ外から昨年の牝馬三冠馬が出走してきました。それを迎え撃つグループ関連馬は7頭がエントリー。斤量差や仕上がり具合などステップレースならではのアドバンテージを活かしたいところです。

社台グループ関連馬

ブラヴァス

馬主:佐々木主浩
生産:ノーザンF



ヴィクトリアマイル連覇のヴィルシーナの初仔であるブラヴァスが5歳緒戦を迎えます。母の半弟にジャパンC馬シュヴァルグラン、全妹にドバイターフなどGⅠ2勝のヴィヴロスがいます。ノーザンF早来で育成され、2歳夏の中京2000mでデビューし3着。秋の京都2000mで勝ち上がりますが、エリカ賞2着、若駒S8着と春のクラシックには繋がりませんでした。

3歳夏の札幌2000mで2勝目をあげ、2勝クラスは3戦目となった3歳冬の阪神で卒業。4歳緒戦の但馬Sも連勝しオープン入りを果たします。昇級緒戦の新潟大賞典を4着した後、道悪の七夕賞で2着に入り賞金加算。そして新潟記念で1着となり重賞初制覇を飾るとともに、サマー2000シリーズのチャンピオンに輝きます。

その後は暮れの阪神・チャンレンジCに出走し2着。今年はここからの始動となりました。タイプ的には開幕週の高速馬場よりパワーを要する馬場の方が向きそうですが、力を付けた今、実績馬相手にどんな競馬をするか楽しみです。

グローリーヴェイズ

馬主:シルクR
生産:ノーザンF



2019年の香港ヴァーズ優勝馬グローリーヴェイズは、ここが6歳の始動戦となります。レイクヴィラF生産のディープインパクト産駒で、3代母に3歳牝馬GⅠ3勝のメジロラモーヌがいます。

セレクトセール1歳で5616万円でシルクRが落札し、ノーザンF空港で育成されます。2歳秋の中山1800mでデビューし新馬勝ちを決めると、暮れの中京自己条件で2着。3歳緒戦のきさらぎ賞ハナ差2着となりますが、京都新聞杯は4着でした。

その後は放牧で立て直され、夏の新潟・佐渡Sで古馬相手に快勝すると菊花賞へ直行して5着に入ります。そして4歳緒戦の日経新春杯で重賞初制覇。春の天皇賞ではクビ差2着となりました。

4歳秋は京都大賞典で1番人気に支持されますが、6着敗退。放牧を挟みモレイラ騎手とのコンビで暮れの香港ヴァーズへ向かうと、見事にGⅠ制覇を果たします。

昨春は当初金鯱賞からの始動プランもあったようですが、選出されたドバイシーマクラシックへと向かいます。ところがコロナ禍で直前でレースが中止となり、帰国後は宝塚記念へ向かいますが17着。それでも立て直された秋緒戦の京都大賞典で連覇を果たします。ジャパンCでは見せ場を作りますが、結果は同勝負服のアーモンドアイをアシストするような競馬で5着でした。

今年はここからの始動。2000mはやや短く、急坂コースよりは平坦もしくは緩やかな坂のほうが向くタイプですが、実績馬として恥ずかしくないレースにしたいところです。


金鯱賞



(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

[金鯱賞]
重賞調教
ウォッチャー

ー3月12日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ブラヴァス
(牡5、栗東・友道厩舎)

栗東ポリ(良)
6F 82.5-65.9-51.7-38.2-11.9秒

栗東情報スペシャリスト
高 島

GⅠ馬ヴィルシーナを母に持つ良血馬ブラヴァス。昨夏には新潟記念で重賞初制覇を挙げましたが、ココに来て更に成長してきているようです。

前走のチャレンジCでは3歳牝馬のレイパパレに敗れましたが、記録した上がりはメンバー最速となる34秒1。今回がキャリア14戦目と5歳馬でも大事に使われているため消耗度は少なく、歳を重ねてようやく本格化してきた印象があります。

今回は3ヶ月半ぶりの実戦になりますが、2月上旬に帰厩した後はコースとプールで入念に調整を重ねており、馬体もパワーアップ。先週、今週とポリトラックで軽快な動きを見せており、状態に関しては文句無しの好仕上がりと言って良さそうです。

≪美浦・好調教馬≫
サトノフラッグ
(牡4、美浦・国枝厩舎)

美浦ウッド(良)
5F 63.8-48.9-35.9-12.2秒

美浦情報スペシャリスト
神 谷

AJCCでは人気を裏切る形で大敗してしまったサトノフラッグ。内枠・道悪馬場でポジションが悪くなってしまったことを考えれば、あの結果もやむなしと言ったところでしょうか。

前走時は坂路中心だった調整過程から一転、今回は先週・今週とウッドコースに入って調整。いつものルーティンと言える内容の追い切りを消化しており、順調度は前走以上と言えるでしょう。

今週の追い切りはインコースを通ったとはいえ、5F換算でも実戦並の好時計をマーク。厩舎関係者も納得の素晴らしい動きで、巻き返しも十分期待できるのではないでしょうか。

[金鯱賞]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー3月11日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

金鯱賞は10頭立てと少々寂しい顔ぶれながらも、牝馬3冠馬デアリングタクト(馬主:ノルマンディーTR)、香港ヴァーズ勝ち馬グローリーヴェイズ(馬主:シルクR)、2017年の菊花賞馬キセキ(馬主:石川達絵)と有力馬が出走を予定しています。


注目すべき馬主とは?

これらG1馬に勝るとも劣らないほど馬主情報的に注目しているのは、金子真人HDの2頭です。

現在4連勝中のポタジェ(馬主:金子真人HD)は、2018年1歳セレクトセールにて2億520万で落札された良血ディープインパクト産駒で、デビューから8戦していまだ連対を外していない安定感も魅力でしょう。

馬主関係者も大きな期待を寄せており、当初は金鯱賞に出走予定が無かったジナンボー(馬主:金子真人HD)と2頭出しに踏み切りました。

金子真人HDの2頭出しと言えば、2019年の新潟記念で1着ユーキャンスマイル、2着ジナンボーの金子軍団ワンツーが印象的です。

19年の新潟記念ではジナンボーが前に行き2着に粘り込み、直線勝負に賭けた同馬主のユーキャンスマイルが差し切り。2年続けて出走した20年の新潟記念でもジナンボーが逃げて2着。同馬主のアイスバブル(16着)は後方から競馬をしていました。

またジナンボーは昨年の大阪杯でも馬主組織戦を敢行。この時は同馬主のワグネリアンが勝負所で行き場を無くしたため2頭とも馬券に絡めなかったものの、ジナンボーが前に行き、ワグネリアンが中団から進める形でした。

基本的に金子真人HDでは出走ローテや騎手起用を、馬主サイドが決定していると言われています。

日本で最も成功した個人馬主としての発言力は絶大で、リーディング上位厩舎であっても、金子オーナーの意向(事実上の命令)に逆らうことはできません(一部例外あり)。

いまではノーザンFですら出走馬をコントロールすることができないほど。これは大手牧場の生産馬でも現在は所有権利を半持ちではなく、100%金子オーナーが保有しているからだと噂されています。

大手牧場の顔色をうかがうことなく、馬主サイドの意向をストレートに調教師や騎手に伝えることができるのは、チームプレーを実行に移すのに何かと都合が良い……と言えるでしょう。金鯱賞は金子真人HD2頭出しの出方に要注目です。

[金鯱賞]
3つの
好走ポイント
ー3月10日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

※データは3月の中京芝2000mで施行されるようになった12年以降の過去9年。12~16年はG3中日新聞杯として施行。

3つの好走ポイント
1.前走重賞組が中心
2.距離短縮組が強い
3.近年は特に大型馬が優勢


★好走ポイント【1】
前走重賞組が中心

3勝クラス [1-0-0-5]
連対率16.7% 複勝率16.7%
OP特別 [0-1-2-19]
連対率4.5% 複勝率13.6%
G3 [1-5-2-46]
連対率11.1% 複勝率14.8%
G2 [3-1-3-30]
連対率10.8% 複勝率18.9%
G1 [4-2-2-12]
連対率30.0% 複勝率40.0%

前走クラス別成績を見てみると、出走頭数も多いですが、1,2着馬のほとんどが前走重賞組(海外含む)。金鯱賞として施行されるようになってからの4年間では、前走G1組が[4-2-1-9]。勝ち馬4頭全てが前走G1組となっています。

17年ヤマカツエース(有馬記念4着)
18年スワーヴリチャード(有馬記念4着)
19年ダノンプレミアム(ダービー6着)
20年サートゥルナーリア(有馬記念2着)


★好走ポイント【2】
距離短縮組が強い

距離延長 [2-2-1-43]
連対率8.3% 複勝率10.4%
同距離 [0-4-3-32]
連対率10.3% 複勝率17.9%
距離短縮 [7-3-5-37]
連対率19.2% 複勝率28.8%

前走距離別成績を見てみると、距離短縮組が優勢。距離延長組、同距離組の約2倍の連対率となっています。

距離短縮組が強いのは、過去4年で見ても変わらず。中長距離のG1組が強いこととリンクする部分もありますが、過去4年の距離短縮組は[4-2-1-15]で連対率27.3%の高確率となっています。


★好走ポイント【3】
近年は特に大型馬が優勢

~459kg [1-1-0-14]
連対率12.5% 複勝率12.5%
460~479kg [1-4-3-23]
連対率16.1% 複勝率25.8%
480~499kg [1-2-1-32]
連対率8.3% 複勝率11.1%
500~519kg [5-2-4-22]
連対率15.2% 複勝率21.2%
520kg~ [1-0-1-21]
連対率4.3% 複勝率8.7%

馬体重別成績を見てみると、500kg以上の大型馬が過去9年で6勝。金鯱賞の4年間では、500kg以上[4-2-4-12]、500kg未満[0-2-0-26]となっています。

500kg未満で連対したのは、19年2着リスグラシュー、20年2着サトノソルタスの2頭。サトノソルタスは498kgでの出走でした。

好走注目馬はこの馬
【★★★】
・キセキ
・ペルシアンナイト

【★★】
・グローリーヴェイズ
・デアリングタクト

【★】
・ギベオン
・サトノフラッグ
・ジナンボー


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[金鯱賞]
データで紐解く
レース傾向

ー3月7日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

大阪杯のステップレースとなる[金鯱賞]。

16年までは12月開催に行われていましたが。17年から新設されたGⅠ大阪杯のステップレースとして3月開催に移行。

2000年以降の勝ち馬では、メイショウドトウ(G1・1勝)、ツルマルボーイ(GⅠ・1勝)、タップダンスシチー(GⅠ・2勝)、エイシンデピュティ(GⅠ・1勝)、アーネストリー(GⅠ・1勝)、ルーラーシップ(GⅠ・1勝)、スワーヴリチャード(GⅠ・2勝)、ダノンプレミアム(GⅠ・1勝)、サートゥルナーリア(GⅠ・2勝)などのGⅠ馬(海外含む)が多数います。

そんな金鯱賞を『過去10年のデータ』で、馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連  3760円
3連複1万1970円
3連単5万6490円


馬連3桁配当は1度のみ、3連単最高配当は19万2050円。二桁人気の伏兵馬は17年スズカデヴィアス(13人気③着)1頭が馬券圏に好走しましたが、大荒れになるケースは少ないですね。直近7年でも1人気が5連対しておりヒモ荒れ傾向のレースです。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【5.1.1.3】
2人気【1.1.2.6】
3人気【1.0.1.8】


上位人気馬で7勝。1人気で勝ったのはサートゥルナーリア、スワーヴリチャード、ヤマカツエース、ラストインパクト、ルーラーシップの5頭。昨年の優勝馬サートゥルナーリアは単勝1.3倍、18年の優勝馬スワーヴリチャードは単勝1.6倍の圧倒的人気馬でしたね。

【過去10年・年齢別の成績】では

3歳馬【0.2.0.5】
4歳馬【7.2.1.18】
5歳馬【2.3.6.32】
6歳馬【0.2.3.27】
7歳馬【1.0.0.12】
8歳上【0.1.0.10】

年齢別の成績では4歳馬が7勝(2着2回)と圧倒的な強さを見せています。6歳上は1勝のみと苦戦。4.5歳馬中心のレースですね。

【過去9年の枠順別の成績(3着以内)】では

1枠【1.1.0】
2枠【1.0.1】
3枠【1.1.2】
4枠【0.1.3】
5枠【2.0.2】
6枠【0.2.1】
7枠【2.2.0】
8枠【2.2.0】

直近9年の枠番別の成績では(11年は京都開催)5.7.8枠が2勝を挙げています。8連対している外枠の好走が目立ちますね。



情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ