メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

ホープフルステークス2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

ー12月28日(火)更新ー



徳吉 一己
(元JRA競馬学校教官)


騎手時代の通算成績は重賞14勝を含む536勝。騎手引退後はJRAからの要請で競馬学校の教官となる。福永・池添・田辺・和田など現役騎手の半数以上が教え子であり、「鬼教官」と呼ばれた特別な存在。


G1に昇格して12月28日に行われるようになってから今年で5年目となるホープフルS。2018年はサートゥルナーリア、2019年はコントレイルが勝利し、昨年はこのレース7番人気4着だったタイトルホルダーがクラシックで活躍。

レースの価値が高まる→各陣営が期待馬を送り込む→ホープフルS組がクラシックで主役を張る→レースの価値が高まる→…の好循環により、ホープフルSに出走する馬のレベルは年を追うごとに上がってきている。

ホープフルSも前日発売が行われているが、1番人気はルメールが騎乗するサンデーRのコマンドラインで、2番人気は横山武史が騎乗するキャロットFのキラーアビリティ。人気は逆だが、まるで有馬記念の再戦のような様相となっている。ちなみに、キラーアビリティを管理するのはクロノジェネシスと同じ斉藤崇史厩舎だ。


まずはコマンドラインから。国枝栄厩舎はサークルオブライフで阪神JFを制したが、厩舎筋によると「牡馬の大物でダービーを獲りたいんだ」と、この馬には相当期待しているそうだ。国枝厩舎は一流の牝馬で数々のG1を制してきたが、牡馬クラシックは未勝利。定年が近付いていることもあり、ダービーへの想いは強まっている。

ホープフルSが火曜日に行われることに対応し、最終追い切りは金曜日。三浦皇成騎手を乗せてコースで大きく追走。意欲的な内容だった。「秋よりも鋭さが出てきたし、精神的な成長も窺える。馬体重が増えていてもそれは成長分なので心配はいらない」と厩舎サイド。

なお、ルメールには他にもイクイノックス、ジオグリフといったクラシック候補のお手馬がいるが、当初はジオグリフがホープフルS、コマンドラインが朝日杯FSだったのをノーザンFとルメール騎手を交えての協議でレースを入れ替えたというのは、朝日杯FSの時にもお伝えした通り。


キラーアビリティは福永の予定だったが、香港での落馬事故により騎乗不可に。急遽の代打として横山武史に白羽の矢が立ったのは、今年の際立った活躍ぶりがあってこそだろう。図らずして、有馬記念ではライバルだった斉藤崇史厩舎と横山武史がタッグを組んで最後のG1に臨むことになった。

「クロノジェネシスと違って、陣営のトーンはとても良かったな」と厩舎筋。クロノジェネシスは「良い頃のデキにない」と厩舎サイドが正直に語っていたが、キラーアビリティは「ホープフルSは早くから決まっていたし、調整過程にも全く不安がない」と強気。こちらも最終追い切りは金曜日で、横山武史が栗東まで乗りに行っている。


朝日杯FSをドウデュースで制してJRAG1完全制覇にリーチを掛けた武豊はアスクワイルドモアに騎乗する。前走の札幌2歳Sはジオグリフに4馬身千切られた2着だったが、「この馬も一戦ごとに成長している」と藤原英昭厩舎は夏からの上積みを強調。「北海道の頃より前向きさが出ている」とのことだ。ただ、「血統も走りもダート馬っぽいので、馬場は悪くなった方がいいかな」という話も。


友道康夫厩舎はフィデルとサトノヘリオスの2頭出し。2戦連続レコード勝ちの勢いがあるサトノヘリオスの方に人気は集まっているが、フィデルの方を評価する関係者も少なくない。

フィデルについて、「前走は爪の問題で帰厩が遅れ、予定していたレースを使えず太目だった。それで3着だったけど、今回はひと叩きして遥かに具合がいい」と厩舎筋。川田がこちらに乗っているのもポイントか。


サトノヘリオスは折り合いが課題だが、ここ2戦は気性的な前向きさがレースで良い闘争心になっている。「レコードはたまたまで、本質的にはタフさが売りのバテ合いで強いタイプ」という話もあるが、それなら暮れの中山は合いそうだ。


人気薄ながら不気味な1頭がマテンロウレオ。歩様の乱れで京都2歳Sを回避したため1戦1勝の立場でホープフルSに臨む形となり、それで注目度も薄れているが、この馬に関しては横山典弘がかなりの手応えを持っているそうだ。昆貢調教師も狭いスペースをこじ開けて勝った新馬戦を絶賛しているとか。

ジャスティンパレスはルメールがバッティングしたためクリスチャン・デムーロに。今回の来日では勝ち星を量産しながら、G1では人気に応えられていないクリスチャン。最後のG1も上位人気の1頭に乗るがどうなるか。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
ホープフルS
2021
中山11R芝2000m

~枠順確定版~





1 1 シェルビーズアイ 松田 大作
2 2 アケルナルスター 柴田 大知
3 ラーグルフ 丸田 恭介
3 4 グランドライン 三浦 皇成
5 キラーアビリティ 横山 武史
4 6 コマンドライン C.ルメール
7 サトノヘリオス 岩田 望来
5 8 ジャスティンパレス C.デムーロ
9 ボーンディスウェイ 石橋 脩
6 10 マテンロウレオ 横山 典弘
11 クラウンドマジック 岩田 康誠
7 12 オニャンコポン 菅原 明良
13 フィデル 川田 将雅
8 14 タイラーテソーロ 内田 博幸
15 アスクワイルドモア 武 豊

[ホープフルステークス]
重賞調教
ウォッチャー

ー12月27日(月)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
シェルビーズアイ
(牡2、栗東・武英厩舎)

栗東CW(良)
6F 81.8-67.2-53.2-38.0-11.7秒

栗東情報スペシャリスト
高 島

前走のデビュー戦は武豊騎手を背に快勝。時計面など強調出来るものではなかったとはいえ、上がり最速の末脚を使って快勝。今回は松田騎手へ乗り替わりでG1へ挑みます。

この中間はリラックスして走らせることに重点を置いた内容も、気合いつけると一気にギアが入りキレ味鋭い末脚を見せていました。

最終追切では松田騎手を背に前半から集中した走りで自己ベストを更新。ラスト1ハロンも11.7秒と文句なしの動きに見えました。

1戦1勝の馬で未知数な部分が多いと思われている馬ですが、上昇度では楽しみな1頭と言えそうです。

≪美浦・好調教馬≫
グランドライン
(牡2、美浦・高木登厩舎)

美浦W(良)
6F 82.4-66.4-51.8-37.2-11.7秒

美浦情報スペシャリスト
神 谷

芙蓉S2着、葉牡丹賞3着と同世代の上位と戦ってもヒケを取らない走り。今年の2歳戦でレベルが高かった新潟2歳S組ということでも侮れない1頭です。

コンスタントに使っていることもあり、メンバーの中でレース経験は豊富。それもあって、この中間は軽めに仕上げてくるかと思っていましたが、最終追切はジョッキーを乗せてしっかりと追い切っています。

時計も82.4秒と自己ベストに近い時計。グングンとスピードに乗ってラストは11.7秒を記録するなど、動きはこれまでで一番と言えそうです。

併せた相手もG1で好走したオープンの古馬だったことを考えれば、ここでの期待も高まるところでしょう。

[ホープフルステークス]
データで紐解く
レース傾向

ー12月26日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

阪神JF・朝日杯FSに続く3つ目の2歳GⅠ戦となる【ホープフルステークス】。

2017年からGⅠ昇格(14年~16年はGⅡ)。皐月賞と同じ条件だけに来年のクラシックを目標にする素質馬が揃います。

そんなホープフルステークスを中山芝2000Mに変更後のGⅡ・GⅠ『過去7年のデータ』で馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。


データで紐解くレース傾向

まず【過去7年の平均配当】をみますと

馬 連   2350円
3連複1万3660円
3連単6万1800円


GⅠ昇格後の直近5年は、馬連3桁配当3度と上位人気馬での決着が多い。3連単10万馬券は1度、3連単最高配当は14年の34万5220円。

続いて【過去7年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【5.1.0.1】
2人気【1.1.3.2】
3人気【1.2.1.3】


GⅠに昇格した直近4年は1人気が4連勝。上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはありません。

【過去7年の枠順別の成績(3着以内)】では

1枠【0.1.1】
2枠【2.0.1】
3枠【0.1.0】
4枠【2.1.2】
5枠【2.0.1】
6枠【1.2.1】
7枠【0.1.1】
8枠【0.1.0】

内枠(1~3)が2勝(2着2回)、中枠(4~6)は5勝(2着3回)、外枠(7.8)は0勝(2着2回)。中枠が5頭の勝利馬を出していますね。外枠は勝利馬が出ておらず苦戦。

中山芝2000Mはコーナーを4回周る小回りコースで最後の直線は310Mと短いですが、途中で約2.2Mを駆け上がる急坂があり、器用さとパワーを要求されるコース。小回りコースのため、先行有利ですが、展開次第では差し・追い込み馬の好走も目立ちます。枠番では外内の有利不利はなく、脚質では逃げ・先行馬が有利となっています。

情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ