≪速報≫3冠牝馬が圧巻のレコード駆け!
◎○▲3頭でパーフェクト的中!
11/25(日) 5回東京8[11R]ジャパンC(G1)
◎アーモンドアイ
▲キセキ(4番人気)
○スワーヴリチャード
馬連590円的中
3連複960円的中
3連単2690円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

ノーザンFサイドの鶴の一声で『JC=アーモンドアイ、レイデオロ=有馬記念』が最終決定されたという話。年内最後のここを確実に勝って、来年の海外遠征へ大きな弾みをつける構えなのだ。マカヒキ、ミッキーロケットも回避した。忖度といってもいい采配は万に一つも失敗が許されない、という陣営の並々ならぬ意気込み。

JRAとしても、ポスト・キタサンブラックの最適任はオジュウチョウサンではなく、歴代最強牝馬の呼び声高いアーモンドアイ。05年・有馬記念で同じような立場だった無敗の三冠ディープインパクトはハーツクライに初めて土をつけられたが、あのときはトリッキーな中山コースも大きく影響。紛れの少ない東京2400が舞台の今回と同列には語れない。ましてや、あの時のハーツ役を演じるには荷が重いキャストばかりという今年のメンバーだ。

秋華賞時より迫力を増した中間気配、53キロの斤量アドバンテージ、ルメールが「歴代騎乗馬で最強」と公言する絶大なる信頼。最内枠はプラスといえないが、「包まれたら…」という可能性の高くない不確定要素は勝敗に影響を与えぬハンデ程度。今週も青い目の相棒を背にしたノーザンF生産馬、ジェンティルドンナ以来の3歳牝馬チャンピオン誕生が濃厚。



          ▼会員様からの的中画像も届いております▼
【会員様】より

今回もG1の的中!さすがです。

JC的中おめでとうございます!
【会員様】より

ジャパンカップ馬連5000円的中しました。

JC的中おめでとうございます!
【会員様】より

ジャパンCありがとうございます! 3点でとれました!

JC・3連複3点的中おめでとうございます!
【会員様】より

毎週のようにG1が的中して、競馬セブンさんは本当に凄いですね! 配当面では、薄れましたけど、次も完璧な情報を期待しています。

JC的中おめでとうございます!
≪速報≫GⅠ裏社台系の大ヤリ情報ズバリ!
3連複44倍&3連単323倍ダブル的中!
11/25(日) 5回東京8[5R]
◎ラレータ(5番人気)
穴ゴールドクロス(6番人気)
○オールデン
3連複4400円的中
3連単2320円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

G1レーシングのラレータが勝負懸かり。前走時に関西から関東へ転厩した理由を覚えている人はいるだろうか? その理由が「この馬は東京コースがベスト、とにかく東京で走らせたい」というもの。

500万条件は東西でブロック制があるため、関西馬がなかなか東京遠征するのは難しい。よって、関東へ転厩して『東京専用機』として使っていこうというクラブサイドの判断で転厩させた経緯がある。

そして前走は目論見通りに好走して優先権を確保。「やっぱり東京は安定して走れるね。上位2頭が強かったけど、この馬も普通の500万勝ちレベルで走ってるし、次はもう順番。次は勝負していいよ~」という厩舎の話を聞いていた。

そして今週の番組を確認したら、当初予定していた6Rのダ1600mから距離を1F短縮するダ1400mに名前が…。この真意を聞くと「一度叩いてだいぶ精神的に気合が乗ってきた。今なら距離短縮のほうが絶対に合うはずだから。ここなら間違いないでしょ!」とのこと。鞍上はCデムーロ、転厩2戦目、距離短縮、揉まれない大外枠と、これ以上ないくらいの好走条件が揃った。普通に走ればまず上位争いになる。

         ▼会員様からの的中画像も届いております▼
【会員様】より

まずはお礼!ありがとうございました。

12万9000円獲得!
本当におめでとうございます!
【会員様】より

5レースのラレータのおかげで、 今日は、とにかく勝たせてもらいました。 いつもありがとうございます。

3連単300倍的中
本当におめでとうございます!
【会員様】より

本日はありがとうございました。ジャパンカップは 確実でしたがこのレースの絞りは流石でした。

3連単300倍的中
本当におめでとうございます!
【会員様】より

3連単当たりました

3連単300倍的中
本当におめでとうございます!
【会員様】より

賭け金は少ないですが、ジャパンカップの軍資金になりました。ありがとうございます。

3連単300倍的中
本当におめでとうございます!


≪速報≫ワケアリ推奨馬券ズバリ!
3馬券種完全パーフェクト的中!
11/24(土) 5回東京7[12R]
◎ヴェルスパー(3番人気)
▲キャナルストリート
○ラストプリマドンナ(6番人気)
馬連1030円的中
3連複2230円的中
3連単1890円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

「小柄な馬で成長を待ちながらゆっくり使ってきました。デビューから掲示板を外していないように素質は間違いなく高いですし、少なくとも1000万~準オープンまで上がれる馬。終いの脚もあるし、最近は折り合いも付くようになってきたので、東京替わりも問題ないと思います」と関係者が語るように、条件戦ながら常に安定した着順を重ねてきました。前走でそれまで見せていた出遅れ癖も解消しつつあり、更に今回は大外枠で待たされる時間も少なくなります。鞍上のジャッジと天栄の仕上げ力を信頼して、この馬から入るのが得策と見ました。



≪速報≫4人気オーヴォドーロから穴馬券!
3連複159倍&3連単700倍ダブル万券!
11/17(土) 5回東京5[7R]
◎オーヴォドーロ(4番人気)
△ガチコ(3番人気)
穴オペラカイジン(6番人気)
馬連3160円的中
3連複5990円的中
3連単0540円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

スーパー未勝利を初ダートで勝ち上がったオーヴォドーロ。「芝2000だと脚がたまらないし、本当は芝のマイルを使いたかったがローテが厳しい。それなら仕方なくダート1200mへ行くか…」という経緯で使った前走が関係者もビックリの適性示す走り。あの一戦はどうみてもフロックではなさそうだ。

その後はご褒美放牧を挟んでここから始動するが、「時計以上に強い勝ちっぷりだったね。勝たなきゃ抹消というピリピリした空気もなくなって、馬も本当にリラックス出来ている。これならまだまだ大きく成長しそうだね。昇級でも即通用と見ている」と休養効果も絶大らしい。まだそこまで人気になっていない今回が馬券的にも妙味アリ。

          ▼会員様からの的中画像も届いております▼
【会員様】より

ここのところ、こちらの資金不足で、 なんとも当てさせてもらって、もっと買えばの後悔ばかりですが、情報は本当凄いですね。 いつもありがとうございます。

払い戻し10万円超!本当におめでとうございます!
【会員様】より

700倍的中!

3連単700倍的中、本当におめでとうございます!
【会員様】より

またまた万穴頂きました ありがとうございます😊

3連単700倍的中、本当におめでとうございます!


≪速報≫福島最終週から万券ズバリ!
1点1000円購入でも17万7000円獲得!
11/17(土) 3回福島5[2R]
◎ノーウェイ
○ロジペルレスト(2番人気)
△アイファーイチオー(5番人気)
馬連560円的中
3連複2580円的中
3連単4560円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

“アキフク”のリーディングを走る津村。その津村を追って1勝差でナナコが迫っているが、そのナナコは日曜が東京で騎乗。土日で好ラインナップを揃えた津村と比較してもリーディングの座はほぼ安泰だが、何が起こるか分からないのが競馬。日曜の最終レースが終わるまで気が抜けない。その津村が土曜の朝から星勘定しているのがノーウェイだ。

自身が騎乗して③②②着。特にこの2戦はいずれも同タイム入線で負けており、さすがに「何とかしなければ」の思いが強い。夏から使い詰めでも陣営は「使いつつ体が増えているし、全て付くべきところに肉が付いてきた」とここにきてのパワーアップを認めており、小回りなら早目先頭で押し切れる。人気でも中心信頼。



≪速報≫京都朝一から万馬券獲り!
3連複68倍&3連単195倍ダブル的中!
11/17(土) 5回京都5[1R]
◎レッドルゼル
△ピースプレイヤー(5番人気)
穴オウケンラブルナ(6番人気)
3連複6890円的中
3連単9590円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

レッドルゼルは468キロのロードカナロア産駒だが、少しだけ前が勝った体形。また立ち爪+立ちつなぎで少し破折していることから芝なら通常の良馬場から時計の掛かる設定が向き、ダートも問題なく走れるタイプだ。

デビュー戦のパドックではこの父産駒には珍しい気合乗りの遅さ。多少もっさりと映るぐらいの脚取りだったが、実戦に行くと抜群のスピード+先行力を発揮した。「気合面を考えたら2走目の上積みは大きいね。母の全4勝や半姉フィルムフランセの2勝がダートなので、このダート替わりでアッサリあると思う」と陣営もこの条件で前進必至の構え。

          ▼会員様からの的中画像も届いております▼
【会員様】より

おはようございます 朝から推奨通りで万穴頂きました🔥 ありがとうございます🙏

3連単万券的中、おめでとうございます!


≪速報≫エリザベス女王杯(GⅠ)も的中!
◎リスグラシュー(3番人気)から86倍!
11/11(日) 5回京都4[11R]エリザベス女王杯(G1)
◎リスグラシュー(3番人気)
穴クロコスミア(9番人気)
▲モズカッチャン
3連複8660円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

この後続くG1は全てに当て嵌まることだが、とりわけ今年のエリ女のテーマは一貫して『騎手』であることを言い続けてきた。というのもノーザンFの一連の動きから、明らかに勝負になる馬(勝たせたい馬)がハッキリしているから。

ノーザンFは4歳馬リスグラシューに明確な勝負度合いを見せている。

重賞2勝、G1②着3度と完璧なコンビを誇ってきた武豊を降ろしてまでモレイラに鞍上強化してきたのだ。コレといった非がない武豊サイドにしてみれば非情采配だが、逆に言えばそれだけG1を勝ちたいということの裏返し。

そのモレイラ、『稽古に実際に乗ってみてイメージしていたよりも馬が前向きで、走りたい気持ちの強さを感じた。元気で健康的であるし、改めてレースが楽しみになった。京都の芝2200mは直線も十分な長さがあり、強い馬が勝てるフェアなコース。あとはレースにいって大事なのは、道中リラックスして走らせて最後の脚を引き出すこと。馬のコンディション、仕上がりの良さには自信が持てるので、きっといい競馬になるはず』と手応え十分。

同馬については、今年の5戦のうち安田記念を除く4戦全てに◎を打って①③②②着と馬券に好走。この馬のことはかなり熟知しているつもりだが、馬体重の推移を見ても分かる通り、ここにきてハッキリと充実してきたのが分かる。アーモンドアイとディアドラ不在の牝馬戦ならまず上位争いだろう。この女王杯でも本命指名としたい。

         ▼会員様からの的中画像も届いております▼
【会員様】より

ありがとうございます。

エリザベス女王杯的中、おめでとうございます!
【会員様】より

今週もG1的中しました🎯 いつもありがとうございます!

エリザベス女王杯的中、おめでとうございます!
【会員様】より

先週に引き続き、今週もエリザベス女王杯、的中しました~(^_^)v 完璧な情報、有難うございました<(_ _)>

エリザベス女王杯的中、おめでとうございます!

≪速報≫栗東情報部・高島の推奨馬券!
1点500円購入でも15万7750円獲得!
11/11(日) 5回京都4[6R]
◎マイネルブロッケン(2番人気)
△ズズカブルグ(3番人気)
★イベリア(5番人気)
馬連1320円的中
3連複6920円的中
3連単3310円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

前走は1番人気に支持されながら5着ともう一歩足りなかったマイネルブロッケン。厩舎関係者の話を聞く限り「中間の熱発で追い切りがズレ込んだのが痛かった。レースまでに間隔も無かったですからね」と仕上げ途上だったのは明らかで、一叩きされた今回は額面通りの良化が見込める。

「今週の追い切りでは2歳馬に遅れているけど、向こうに胸を貸すつもりで併せたので、手応えは良かったですよ。今回は前に行きそうな馬が揃っているし、好位で立ち回れるこの馬には展開も向きそう。川田も手の内に入れていますから、まず大丈夫だと思います」と中間の攻め馬も上々の動きを披露。元々が叩いて良くなるタイプでもあり、まず勝ち負けでしょう。



≪速報≫◎フジノタカネから万券獲り!
馬連26.4倍&3連複151倍ダブル的中!
11/10(土) 5回東京3[5R]
◎フジノタカネ(2番人気)
△コマノゼニト(4番人気)
穴ゲンパチシャドウ(5番人気)
馬連2640円的中
3連複5120円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

前走馬券圏確保の馬が一頭という寂しいメンバー。恐らくその⑨に人気が集中するだろうが、ダート替わり&2戦目で大変身しそうな①フジノタカネが面白い。

デビュー戦は芝を使ったが「ハーツクライ産駒なのでオーナーから『芝へ』の大号令。スタッフは最初からダート向きだと確信してたんですけどね」というから、追って甘くなった初戦(⑦着)内容も想定内。

母は1勝馬で地味ながら、スピードを武器にダート短距離を主戦場に現役を全うした。500キロ超えの大型馬ながらバランスのとれた好馬体で、攻めの動きも見所十分。母系の色が濃い、芝<<ダートの適性が正解だろう。

最内枠だけに砂を被ったときのリスクはあるが、初戦同様に好発を決め、脚を使い切る形ならパフォーマンスUPは間違いない。これ以上ない鞍上強化のココで狙い撃ちだ。



≪速報≫JBC(Jpn1)3連発!
JBCレディスクラシック・537倍ズバリ的中!
11/4(日) 5回京都2[12R]JBCレディクラシック(Jnp1)
◎⑯ラビットラン
○④アンジュデジール(6番人気)
△⑮ファッショニスタ(5番人気)
馬連2090円的中
3連複7060円的中
3連単3720円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

社台ファーム復権のカギとなる存在なのが『元祖社台系外厩』の山元トレーニングセンター。かつては多くのGⅠ馬がココを経由して大舞台で華々しい成績を残してきたが、近年はノンコノユメやソウルスターリングが出たくらいで、正直成績の低下は否めない。それだけに今回ブリーダーズGCからあえて直行を選んだ④ラビットランは陣営も並々ならぬ思いで送り出しているようだ。

「ローズSを勝ったので芝のレースを使っていましたが、年長馬が相手となるとスピード負けしてしまう。次はどうしようかとローテに迷っていた3走前に川田ジョッキーが『そろそろダートに戻したらどうか?』とハッキリ言ってくれたので、砂に戻したらあのパフォーマンス。中央で牝馬のダートジーワンが行われることはそう暫くの間無いと思うので、何とか勝たせてあげたい」と牧場関係者一丸で大目標に向けて仕上げられてきた。

入厩してからの調整も至極順調で、1週前、当週とCWで長めからしっかりと時計を出されてきた。厩舎関係者も「使い詰めると気負うところがあるので、このくらいフレッシュな状態のほうが力を出せる。1400mとはいえ京都のダートでは強い競馬を見せているし、条件的にはこの上無いと思います。勲章を持って牧場に送り返してあげたい」と状態面の不安も皆無。出走馬のほとんどは前走のブリーダーズGCで勝負付けを済ませており、先行馬を見ながら動き出すタイミングを図れる脚質で死角なしと見た。

        ▼会員様からの的中画像も届いております▼
【会員様】より

先生…スタッフの方々ありがとうございました。

京都12R的中!本当におめでとうございます!
【会員様】より

感謝です!自分では買えない3連単フォーメーションでした。万馬券ありがとうございます。

5万馬券的中!本当におめでとうございます!
【会員様】より

JBCレディスクラシック的中

11万6000円獲得!本当におめでとうございます!
【会員様】より

いつも厳選された情報を提供下さり、 ありがとうございます。 本日の京都最終(JBCレディスクラシック)にて3連単5万馬券の的中ありがとうございました。 その他、東京10,12R(AAA2鞍参加)で払い戻し10万を初めて達成することができました。 私の競馬人生のなかで一つの目標としていた払い戻し10万を競馬セブン様により達成できたことが何より嬉しく、メールを送らせていただきました。 これまでも競馬セブン様の情報で勝たせていただくこと、たまには不的中もありますが、とても自分では買えない本命、相手、押さえの情報には頭が上がりません。

払い戻し10万円超え、本当におめでとうございます!
【会員様】より

京都12レースの情報で的中🎯ありがとうございました。的確な情報に感謝です。

馬連&3連単的中、本当におめでとうございます!
【会員様】より

東京10R, JBCレディースクラシック的中ありがとうございました。今年の最高額払い戻しで感謝しております。

3連単500倍的中、本当におめでとうございます!

≪速報≫JBCクラシックも完全的中!
◎ケイティブレイブから3馬券種ズバリ!
11/4(日) 5回京都2[11R]JBCクラシック(Jpn1)
◎⑧ケイティブレイブ(3番人気)
★⑭オメガパフューム
△④サンライズソア
馬連760円的中
3連複910円的中
3連単4890円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

中央のレースでは長らく馬券に絡んでいないものの、右回りダートは【6.6.3.1】と馬券外に敗れたのは昨年の平安Sだけ。当時は目野厩舎で使い倒されていた時期であり、杉山厩舎へと転厩した今のケイティブレイブとは馬が全くの別物。差し馬が上位独占する中、3コーナー早め先頭の強気なレース運びも仇となった印象で、参考外の一戦と考えて良いだろう。

目野厩舎が解散した後、今年の2月末に新進気鋭の開業3年目・杉山厩舎へと転厩したが、以降の成績で①②①着と抜群の安定感を示している。また好位追走から差すという理想的なレース運びも出来るようになってきており、転厩により馬が一段階パワーアップしたのは明らかだ。

厩舎関係者も「以前はトモに緩いところがあったので、逃げるか一気にマクるかの大味な競馬しか出来なかったが、今は好位で溜めても脚を使うことが出来る。どんな場所でも力を発揮できるようになった」とその成長に目を細める。今回は比較的逃げ馬が揃っており、自在に動ける脚質は間違いなく強みになるだろう。

ローテ的にこの後にはチャンピオンズC(1着賞金:1億円)も控えているが、今年のJBCはJRA開催ということで1着賞金が1000万増の9000万円。現役ツートップが不在な相手関係、チャンピオンズCとの差額を考えても、ココは確実に勝っておきたい一戦。一叩きして状態面も更に上昇、思惑通りのローテーションでジーワン獲りが叶うはずだ。



≪速報≫JBCスプリントも的中!
◎マテラスカイから12万6000円獲得!
11/4(日) 5回京都2[10R]JBCスプリント(Jpn1)
◎⑤マテラスカイ
★⑥グレイスフルリープ(4番人気)
馬連1260円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

2走前のプロキオンSは日本レコードで駆け抜け、2着に4馬身差圧勝。1200m通過は1分7秒5で、これは08年のカペラS(中山)でビクトリーテツニーが計時したダート1200m戦の日本レコード、1分8秒7を1秒2も上回る驚異的なタイム。勿論馬場差なども考慮しなければならないが、純粋なスピードで言えば歴代最高クラスの能力があることを既に数字が証明している。

この馬を管理する森秀行調教師といえば、過去に『最強の競馬論』という自著を出版するほどビジネスに傾向しており、馬を活躍、ひいては賞金を稼ぐためには海外遠征や格上挑戦も臆する事無くチャレンジする。つまり、マテラスカイにおいて何としても落とせないのはより賞金とグレードの高い今回であり、前走時が過去最高馬体重の526キロだったことからも、一叩きしてJBCスプリントが大目標ということは目に見えている。

後は目標のレースに向けて体が出来上がったかどうかが焦点も「追い切り後の馬体重で508キロ。これはプロキオンSの時と同じですから、前走時の体つきとは全くもって別物ですね。年間通してもダートの短距離ジーワンはココしか無いですし、国内最強の称号を引っ提げて、来年もドバイへ連れて行きたいです」と陣営の思惑通りに仕上がった様子。スピードの違いで他馬を圧倒するシーンが濃厚と見た。



≪速報≫AR共和国杯も万馬券的中!
穴馬11番人気の激走情報をスクープ!
11/4(日) 5回東京2[11R]AR共和国杯(G2)
◎ムイトオブリガード
○パフォーマプロミス(3番人気)
穴マコトガラハット(11番人気)
馬連910円的中
3連複3560円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

ハンデ戦だが、近年はやや平穏傾向の長距離重賞。ゴールドアクター、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードと3年連続で、ココを制した後にGI馬に上り詰めている点は見逃せない。少し乱暴だが、馬券のポイントは「将来のGI馬」を探せるかどうかと言い換えることもできようか。

今年のメンバーで将来の出世候補を指名するなら、3連勝中の4歳馬ムイトオブリガードで決まりだろう。

デビュー当初は脚元と相談しながらの調整でダート戦中心だったが、徐々に体質も強化されて再び芝へシフトすると快進撃。デキ一息でお試し使いの阪神大賞典を除けば、ほぼパーフェクトな内容。本格化へ向かって一直線といったムードだ。

「休み明けで完調手前だった前走が正攻法で完勝。本当に充実しているし、使ってデキも順当に良化。先行しても控えても自在だし、スタミナ豊富だから100mの延長もOK。55キロならチャンス」と厩舎関係者。

先約のJBC騎乗で乗れない前任・横山典も「次も乗れるなら乗りたい。たぶん重賞は勝てる」と太鼓判。手頃な頭数で機動力がより要求されるシチュエーションなら信頼度もUP。久々にコンビを組む鞍上が先入観を捨てて正攻法に徹すれば、間違いなく争覇圏内だろう。 (穴馬マコトガラハットの激走情報はオフレコ!)



        ▼会員様からの的中画像も届いております▼
【会員様】より

アルゼンチン共和国杯的中!

馬連的中、おめでとうございます!
【会員様】より

的中情報ありがとうございます。 お陰で万穴頂きました!

3連複万馬券的中、おめでとうございます!
≪速報≫美浦情報部スクープの爆穴情報
単勝2680円の穴馬からダブル万券!
11/4(日) 5回東京2[7R]
◎トークフレンドリー(10番人気)
△スプリットステップ(4番人気)
△レンズフルパワー(7番人気)
馬連1860円的中
3連複9980円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

未勝利勝ち含む2戦2連対と好相性の東京ダ1400mを使ってきたトークフレンドリー。厩舎関係者も「馬っぷりが良い、これは一つと言わず、いくつか勝てそうな馬だよ」とデビュー時から高評価していた1頭で、2戦目であっさり初勝利。

ただ、デビューが3歳2月と遅かったように元来体質の弱い面があるため使い込むことが出来ず、叩き2戦目で上積みアリと思えた前走では12着と大敗。素質の高さは感じるものの、同時にまだまだ未完成な部分を残しているのも事実といえる。

この中間は牧場と厩舎側が話し合い、ギリギリまで社台Fの外厩に当たる山元TCで調整。入厩してからの時計は目立たないものの、なるべく疲れを残さないようにレースを迎えられるよう、ソフトな調教を積んできた。

「やり過ぎると直ぐに堪えてしまうので、このくらいの調整で十分。休み明けからでも動ける気性ですし、楽しみなところはありますよ」と関係者のコメントから判断するに、状態面は特に問題にならないだろう。得意の舞台で巻き返しの可能性も十分と見ている。



≪速報≫福島開幕万券弾!
1点500円購入でも13万7000円獲得!
11/4(日) 3回福島2[1R]
◎ハンサムリー
▲ブルーファンク(5番人気)
穴ランネシアーナ(7番人気)
馬連1240円的中
3連複8040円的中
3連単8120円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

前走で権利を獲りながら東京をパスしてここまで待機していたハンサムリー。中山の前走も残り50mあたりで勝ち馬に捕まったことから、陣営は「次は福島のダ1150mを使おう。そこなら逃げ切れる」と考えたのもあるが、馬主であるニットー商事が福島のご当地馬主であることも大きな理由(オーナーは福島市内で複数の会社を経営しているみちのくの有力者)。

この条件でしかも減量ジョッキー起用なら逃げ切り狙いなのがミエミエだ。「ゴチャつく内枠より外目のほうが競馬しやすい」とのことで、最後入れの大外も願ったり。日曜の朝イチはナナコの逃げ切りが有望。



≪速報≫福島開幕週ワケアリ推奨馬券!
3馬券種パーフェクト的中!
11/3(土) 3回福島1[1R]
◎ラテリシウス
注ベルキューズ(3番人気)
△ミラクルチューン(4番人気)
馬連1270円的中
3連複2440円的中
3連単9530円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

ラテリシウスは父がダートGⅠ/JpnⅠ9勝のヴァーミリアン。これだけでダート替わりが明らかにプラスに働きそうな印象を受けますが、この馬の半兄コンピレーションも初勝利をダート戦で挙げており、母方の血統もダートを十分にこなせる血筋。デビュー戦で馬体重516キロと大柄な馬体からもいかにもなパワータイプで、条件は大幅に好転すると見ていいでしょう。

この馬は新馬戦で石橋脩ジョッキーが騎乗していますが、デビュー前の直前追い切りでは丹内騎手が稽古を付けていて「しなやかな動きをしているし、かつダイナミック。これは走りそう」とベタ褒めしていたほどの素質馬。

芝でもやれそうとの判断で初戦は中山芝マイルを選びましたが、実戦ではやはり若干スピード負けするところがあったため、二戦目で早速ダートを使ってきたようです。前走後、当初は東京のダート1600m戦を使う予定にしていましたが、相手関係と万全の体勢で挑むために福島へ目標をスライド。思惑通りの好仕上がりで、勝負駆けの一戦といえそうですね。



≪速報≫京王杯2歳S(GⅡ)・◎▲決着!
3馬券種パーフェクト的中!
11/3(土) 5回東京1[11R]京王杯2歳S(GⅡ)
◎ファンタジスト(2番人気)
▲アウィルアウェイ
穴ミラクルチューン(6番人気)
3連複1170円的中
3連単4400円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

2戦とも1200mながら中京、小倉という回りも形状も違う競馬場で勝利。後続をブッチぎったり、豪快な追い込みを決めたりした訳ではないのだが、いずれも正攻法で勝つべくして勝ったという内容でありながら「まだまだ余裕がありますよ」と言わんばかりの完勝劇。あれは、一枚、二枚上の地力あればこその芸当だと断言できる。

小倉2歳S後は放牧に出さず、厩舎で調整。一切緩めていないので、状態面の上積みもこの中では1、2。陣営からも「何も注文をつけるところがない」「怖いぐらい馬がイイ」「無敗のまま朝日杯へ」と強気コメントのオンパレード。

一見「千四への距離延長は?」という疑問も浮かぶローテなのだが、デビュー前から「上と違ってオットリした気性で操縦性が高い。距離はもっとあったほうがベスト」といわれており、マイナスどころかプラス材料となる可能性大。先週のアルテミスS(シェーングランツ)に続き、レジェンド豊が2歳重賞Vを決めそうだ。



≪速報≫ファンタジーS(GⅢ)・◎○決着!
3馬券種パーフェクト的中!
11/3(土) 5回京都1[11R]ファンタジーS(GⅢ)
◎ダノンファンタジー
○ベルスール(4番人気)
穴ジュランビル(6番人気)
3連複2370円的中
3連単5890円的中

会員様には事前に“こんな関係者の裏話”を公開していました!

新馬戦は1分33秒9で走破しながら2着に敗れたが、勝った馬は次のレースで重賞勝ちなら相手が悪かった。でも2戦目でキッチリ勝ち上がって内容も上々。ディープインパクト産駒の牝馬らしからぬパワーを感じさせ、上質のスピード持続力も一級品。これまた重賞レベルの素材なのは疑いようがない。

芝千六を2回使った馬が1F距離を詰めることは、これだけの素質馬ではあまりないこと。しかし現状の精神面や完成度、相手関係や本賞金の加算の問題をクリアするためには手堅い戦略と陣営やオーナーサイドが考えたということ。まず負けられない一戦となる。

「その後は在厩調整でしっかり乗り込んできた。十分に動ける仕上がり。折り合いはそれほど問題ないが、勝った馬同士で流れが少し速くなった方が競馬はしやすいと思う。重賞のここも楽々とクリアしてほしい」と陣営も“勝つのが前提”の構え。

相手もノーザンFの2頭が能力的には上位だが、この頭数だけに展開面の恩恵(具体的には先行馬の前残り)が有り得そうな雰囲気もある。配当面を考えれば両外国人の乗る差しタイプは取りこぼしを期待したいところ。